佐藤浩市×江口洋介×小澤征悦が、8日放送中のフジテレビ系『2021FNS歌謡祭 第2夜』(18:30〜)に登場。「横浜ホンキー・トンク・ブルース」を歌唱した。この歌唱にSNS上で多くの反響を集めた。

 「2021FNS歌謡祭」今月1日に第1夜を放送。嵐の相葉雅紀と永島優美アナが司会を務める。第2夜はアーティスト59組、全57曲を4時間半の生放送で届ける大型音楽特番。

 佐藤浩市×江口洋介×小澤征悦の3人が披露した「横浜ホンキー・トンク・ブルース」は、俳優の藤竜也が作詞を担当し、原田芳雄や松田優作らが歌い継いできた楽曲。佐藤、小澤のいぶし銀のボーカルに、江口は歌唱だけでなくゴールドトップのレスポールを抱え、ギターソロも披露。ブルージーなナンバーで『FNS歌謡祭』を彩った。

 SNSでは「今夜はオジサマ達がかっこよすぎ!」、「歌もとても上手くて、惚れそうになった」、「ありがたすぎて拝みながら見てる」など多くの反響を集めた。

 映画デビュー40周年、佐藤浩市の初めて歌手としてのアルバム『役者唄 60 ALIVE』を、自身の誕生日である12月10日に発売する。このアルバムに「横浜ホンキー・トンク・ブルース」も収録される。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)