SixTONESが、8日放送中のフジテレビ系『2021FNS歌謡祭 第2夜』(18:30〜)に登場。新曲「Rosy」をテレビ初披露し、SNS上で大きな反響を集めた。

 「2021FNS歌謡祭」今月1日に第1夜を放送。嵐の相葉雅紀と永島優美アナが司会を務める。第2夜はアーティスト59組、全57曲を4時間半の生放送で届ける大型音楽特番。

 「Rosy」は映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(ジョン・ワッツ監督 2022年1月7日公開)の日本語吹替版主題歌で、2022年1月5日にリリースするニュー・アルバム『CITY』に収録される疾走感あふれるロックチューン。

 クールな黒のスーツとグローブで序盤から畳み掛けるボーカルが耳を惹きつける。時折見せるファルセット(裏声)もセクシーだ。歌詞も『スパイダーマン』をイメージさせるワードが入っているのも注目ポイント。緩急をつけたアレンジに、即座に対応するメンバーのスキルに圧倒されるなか、約2分30秒という短い時間の中で多彩な表情を魅せてくれた。

 このパフォーマンスにSNSでは「またひとつ新しいSixTONESさん見れた」、「SixTONES最高&最強」、「平常心を保てない」と多くの反響を集めた。

この記事の写真

ありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)