岡田奈々

 AKB48グループの中で最も魅力的な歌い手を決める『第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』の決勝大会が12日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われ、第4代目女王にAKB48兼STU48の岡田奈々が輝いた。

 第1回大会から決勝に駒を進めるもあと一歩のところで優勝を逃してきた。第4回大会で悲願の女王に輝いた岡田は「大丈夫ですか?大丈夫ですか、本当に」と信じられない様子だったが「このイベントが自分の事を強くしてくれ成長させてくれたので、ここまで毎年くじけずにやってきて良かった」と噛み締めた。

 自身も含めファイナリストに5人を輩出したSTU48の成長を「親心として嬉しい」と喜び、AKB48も決勝大会に進むメンバーが増え「成長を実感している」と胸を張り、「これからも48グループを盛り上げるべく頑張りますので応援よろしくお願い致します」と優勝してもなお自身よりもグループを優先し、気丈に振舞っていた岡田だったが、応援に駆け付けた向井地美音が涙ながらにその栄誉を称えると、唇を震わせ目にたくさんの涙を浮かべた。

 第2回大会から審査員を務める黒澤薫(ゴスペラーズ)は「いろんなことに真剣に向き合ってきた彼女が、この大会では歌に向き合ってこの結果になったと思います」と称えた。トロフィを両手で大事に抱える岡田は「この結果に恥じぬようにこれからも頑張っていきたい」と気を引き締めた。

出場者たち

 2位は前回大会1位の池田裕楽(STU48)、3位は矢野帆夏(STU48)だった。

 なお、大会の舞台裏に密着したドキュメンタリー特番は2月23日、CS放送TBSチャンネル1で放送予定。【取材・撮影=木村武雄】

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)