(C)Mercury

 HKT48の田中美久と矢吹奈子が成人の日の10日、福岡市博多区・住吉神社で成人式を行った。

 それぞれが選んだ艶やかな振袖姿で神殿入り。新成人として健やかに過ごせるよう祈祷を受けた。

 小学校6年生・12歳でHKT48の3期生として加入し、“なこみく”の愛称で親しまれてきた。祈祷後の囲み取材では、成人式恒例となった「今年の新成人を表現するなら何世代?」という問いに、声を揃えて「ミラクル世代」と回答した。

 田中は「小学6年生から奈子と一緒に活動を頑張ってきて、成人式を一緒に迎えられたことが本当に奇跡」とし、矢吹は「これからミラクル(奇跡)を起こせるような世代になれたらという意味を込めてミラクル世代にしました」とそれに込めた思いを明かした。

 個人の抱負も語った。

 矢吹は「去年はドラマ(顔だけ先生)に出演させていただいて、お芝居することが楽しいと感じたので、演技のお仕事を今年もやっていきたいです」

 田中は「去年は写真集を出させていただいて、それから色々な雑誌に出させていただけるようになったので、これからはいろんな面で活躍できるように、そしてたくさんの方にもっと名前を知っていただけたら」

 最後に、力をもらえると云われているパワースポット「古代力士像」の「力」と刻まれた手のひらに手を合わせ笑顔でポーズを決めた。

田中美久:コメント

 小学6年生の時にHKT48に加入した私も、本日無事に成人式を迎えることができ、また一つ大人に近づけたような気がしています。このような大切な節目を、ここまで一緒に頑張ってきた奈子と迎えられて、とても嬉しいです。振袖は、何色にも染まらない、自分自身をしっかりと持った人になりたいという思いを込めて白にしました。

 家族や支えてくださる皆様への感謝の気持ちを忘れずに、これからも精一杯活動に励むので、温かく見守ってくださると嬉しいです。

矢吹奈子:コメント

 本日、無事に成人の日を迎えることができました。日々の生活を当たり前と思わず、日常にある小さな幸せを大切にできる大人になれたらと思います。

 これまで支えてくださったファンの皆様、関係者の皆様、家族や友人に感謝の気持ちを忘れず、これからもたくさんの方に勇気や元気を与えられる太陽のような存在になりたいです!

 20歳の矢吹奈子もよろしくお願い致します。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)