本田仁美と岡部麟

 『AKB48 THE AUDISHOW』が13日まで、TOKYO DOME CITY HALLで開催される。2日目となる11日夜公演にはチーム8が参加した。

 芝居と音楽を融合したイベント。1部ではレギュラーキャスト(小栗有以、岡田奈々、浅井七海、岡部麟、倉野尾成美、田口愛佳、山内瑞葵)を中心に舞台仕立てのライブを行い、2部では回替わりで各チームが登場。この日の夜公演はチーム8が登場した。

 なかでも圧巻だったのは、岡部麟と、IZ*ONEの活動を終えチーム8に復帰した本田仁美によるユニットパフォーマンス。ダンスナンバー「LOVE ASH」を岡部と本田による初ペアが魅せた。

 ライトで赤く染まるなかで踊る2人。同じ振りだが、本田はしなやかに、岡部はダイナミックに、乱れる髪をそのままに情熱的に、そして妖艶に踊った。2人のコントラストは楽曲の世界観をより立体的に映し出させていた。

 パフォーマンスを終え、ステージに登場したのは岡部と小栗有以。小栗は「ひぃちゃんとは緊張するよね?」と聞くと、岡部は「もちろんドキドキしたけど、ひぃちゃんも緊張してた」と明かし、小栗は「でもかっこよかった」と称えた。

本田仁美

岡部麟

 話題は小栗と本田の関係性に。IZ*ONEの活動のため、一度チーム8から離れた本田。当時は16歳ぐらいで、20歳ぐらいで再び会えたことに「大人になって会えて…」と感慨深い様子の小栗。

 岡部は、当時の2人の様子を「ちょっかい出していて、2人で悪だくみばかりしていた」と明かすと、小栗は再会した本田にはまだ「いたずら要素が残っている」とし、「いたずらできる機会があればやろうと思っている。なので楽しみに待っててね」と予告していた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)