言い合う川口春奈とムロツヨシ



 ムロツヨシ、永山瑛太、川口春奈、林遣都、柄本明、森崎ウィン、星田英利、本多力、野波麻帆、橋本マナミが先日、都内で行われた映画『身代わり忠臣蔵』(2月9日公開)完成披露舞台挨拶に登壇した。

 【動画】食い違うムロツヨシ&川口春奈、その言い合いがほっこり

 本作は、時代劇『忠臣蔵』をベースに“身代わり”という斬新なアイディアが加わり生み出された、時代劇ヒットメーカー・土橋章宏さん著の同名小説の映画化。大石内蔵助率いる忠義の赤穂浪士達が、亡き殿・浅野内匠頭の仇である吉良上野介への討入を成し遂げ、見事な最後を迎える胸熱の国民的時代劇「忠臣蔵」が、新たな登場人物と共に、令和の時代に蘇る。

 殿を支えるマドンナ桔梗役の川口春奈。江戸一イヤミな殿・吉良上野介、三文芝居の怠け坊主・孝証の2役を演じたムロツヨシとは約10年ぶりの共演。「初日ドキドキしながら、大胆に演じました」と語った。

 また、桔梗が孝証に水をかけるシーンについては「“故意”じゃないですよね…?」と川口。これをムロは「え!?“恋”じゃないですか?」と解釈し、食い違い。ムロは「孝証はあのシーンから恋が始まっているから」と誤解が解け、笑顔を見せ合った。そのやりとりもほっこりとした感じで、会場を和ませた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)