高梨臨©テレビ東京

 女優の高梨臨が、2024年1月9日からテレビ東京で放送が開始するドラマチューズ!『夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2』(毎週火曜深夜24時30分~)に出演。主人公の日野美咲を演じる。

「夫を社会的に抹殺する 5 つの方法」は馬場ふみかと野村周平をメインキャストに 2023 年1月期に放送され、見逃し配信の再生数(1週間)が全話100万回(※ビデオリサーチ社調べ)超え、放送時、テレ東の番組エピソード別再生数が歴代TOP10に6本ランクインするなど、配信を中心に話題を集めた。

 続編として放送する本作はキャストを一新。前作の脚本・監督を務めた上村奈帆をはじめ、Season1のスタッフが再集結。世界観をさらにパワーアップさせ、別の家庭の、別の夫に対する“社会的な復讐”をしていく物語を描く。

 原作は三田たたみ原作・アップクロス作画「夫を社会的に抹殺する 5 つの方法」。2023年1月期の実写ドラマ化後、縦読み漫画としては異例のヒットを記録。夏からは続編の配信がスタートしました。先の見えない展開、仮面の男からの復讐の指示、痛快な復讐劇として、女性層を中心に圧倒的な支持を受けている。

 本作は、主人公の美咲が、最愛の息子の死をきっかけに、夫と自分の問題を直視し、大きな愛が社会的な制裁へと変化していく中で、自他と向き合い人生を見つめ直していく、ただの復讐劇ではない「再生」の物語となっている。夫と向き合っていく過程で、美咲がとった問題解決の手段は「社会的な抹殺」=復讐。しかし、思いっきりぶつかるからこそ、今まで向き合うことから逃げてきた自分自身や夫と深く向き合っていく...。観る人の心をえぐる問題提起を、本ドラマを通じて発信していく。

 主人公の日野美咲を演じるのは、日曜劇場「VIVANT」(2023年 TBS)での好演が記憶に新しい高梨臨。「PICU 小児集中治療室」(2022年 フジテレビ)、「MALICE」(2023年 U-NEXT)、「単身花日」(2023年 テレビ朝日)など数々の話題作に出演。

 美咲の夫でプライドが高く、美咲に対して心無い暴言を浴びせ続ける冷酷非情な日野透役は誰なのか?

▽コメント

■日野美咲役:高梨臨

5歳の息子を育てながら、家族には内緒で漫画家を目指している専業主婦。26歳の時に「漫画を描くのはこれ が最後...」と決め、新人賞に出した作品が佳作を受賞。その時、審査員だったヒットメーカーで有名な漫画編集者・ 日野透と出会い、交際がはじまる。その翌年、透との間に子どもを授かり、結婚。漫画家デビューできなかったが、いつ かは...とワンオペ育児の傍ら、夜な夜な漫画を描いている。

【コメント】

 この度、「夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2」で日野美咲役を演じさせていただくことになりました。台本をいただいて読んで、そのストーリーの面白さに、どんどん引き込まれていきました。美咲は漫画家を夢見ていましたが、そこで夫となる透と出会い、結婚し、息子と幸せな生活を送っていました。夫の裏切りから、一番大切な息子を亡くしてしまい、絶望し、人生が夫への復讐へと変わっていきます。サスペンスドラマの中で、美咲の心の底から湧き起こる怒りや悲しみ、復讐心を演じていければと思っています。そして、復讐に取り憑かれて、どんどん変わっていく姿を表現していきたいです。是非楽しみにしていてください。

■原作:三田たたみ

ドラマ化のお話をいただくのは2度目ですが、やはり動悸が止まらず、猫を撫でて心を落ち着かせています。新たな主人公・美咲による壮絶な復讐の物語がドラマでどのように描かれるか、一視聴者として本当に楽しみです。

■作画:株式会社アップクロス

ドラマ化おめでとうございます! 美咲たちがどう動き、どんな結末を迎えるのか...とても楽しみです! 原作者様をはじめ、多くの関係者様や読者のみな様に支えられて出来ている作品なので、コミックも一緒に楽しんでいただけると幸いです!

■プロデューサー:倉地雄大(テレビ東京)

 今年1月期に放送した「オトサツ」からちょうど1年。難易度の高いチャレンジングなこの題材に、前作の脚本も務めた上村奈 帆監督たちともう一度挑戦させていただけることが何よりも楽しみです。そんな Season2 の舞台は、奥田茜(馬場ふみか)が夫・大輔(野村周平)に社会的な制裁を下してから 1 年後。敏腕 マンガ編集者の旦那と 5 歳の息子と幸せに暮らしていた日野美咲は、息子の事故死をきっかけに、夫の秘密を知ってしまう ...。今回、復讐という茨の道を進む美咲を演じてくださるのは、作品によって全く違う顔を見せ、多彩な演技で活躍中の高梨 臨さんです。高梨さんの怒りと悲しみが入り混じった“美咲”の表情を見て、この物語の結末がとても楽しみになったのは言うまでもありません。大きな愛や唯一無二の幸せが無下にされたとき、人は何を思い、どう生きていくのか。前シリーズ以上に、1人の女性の復讐劇<社会的な抹殺>を通じて、人間関係や家族、幸せのカタチなど、誰もが向き合う問題に誠心誠意向 き合い、制作していきたいと思っています。前作以上の衝撃的な意欲作となっていますので、ぜひご期待ください!

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)