奥平大兼

 奥平大兼が、多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が表彰する『第15回TAMA映画賞』で最優秀新進男優賞を受賞。授賞式が25日、東京都多摩市のパルテノン多摩 大ホールで開かれ、トロフィを手に「嬉しい」と喜んだ。

 『君は放課後インソムニア』『ヴィレッジ』『あつい胸さわぎ』『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』の演技が評価された。「名誉ある賞を頂けて感謝の気持ちでいっぱいです」とし、スタッフや関係者、『君は放課後―』の舞台になった石川県七尾市へ感謝の言葉を送った。

 その『君は放課後―』では不眠症に悩む高校生・中見丸太を等身大に演じた。「原作にある素晴らしい雰囲気を出せたらと思いました。森七菜さんが温かい雰囲気を作り、そしてナチュラルなお芝居されたおかげでも僕もナチュラルなお芝居ができたと思います」と共に主演を務めた、不眠症の曲伊咲を演じた森七菜を称えた。

 芝居についての考えを述べるなかで、話題は先日放送された日本テレビドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』での星崎役に及んだ。星崎のラストシーンは大きな反響を集めたが「僕の考え方や性格に近くてそのおかげでお芝居の最中も自分の事を語っているような、お芝居している感覚がいい意味でなくて、特別な経験をさせて頂きました」と明かした。

 本映画祭の最優秀新進男優賞の受賞理由には「いずれの作品においても物語に溶け込み、若さゆえの輝きや脆さを繊細に表現した。役柄を的確に捉える優れたバランス感覚と素直な表現力は、映画の未来を担っていくことを予感させる」とある。

 奥平は「自分が感じたことがないことや感じることが難しい役に挑戦したいです。自分の今しかできないお芝居を大切にするべきだと思うようになり、これからも若い力を借りて表現していきたいですし、映画を通してお芝居を通して見て頂く方に伝えることに楽しさややりがいを感じています。今後も伝えられるような役者になりたいです」と意気込んだ。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)