大平修蔵



 大平修蔵がこのほど、都内で開催された「ジュン アシダ・タエ アシダ」アニバーサリーコレクション「JUN ASHIDA / TAE ASHIDA 60TH ANNIVERSARY SPRING SUMMER COLLECTION 2024」でDJプレイを披露した。ピアノ伴奏の小室哲哉と共に“協奏”。さらに自身が作曲したものを小室哲哉がリミックス。返ってきた音源を聴き「いい意味ですごい!なんだこれは!って思いました」と舌を巻いた。

 【動画】小室哲哉のスゴさに目を輝かせる大平修蔵(大平の囲み取材→ファッションショー)

 デザイナー芦田淳氏による1963年のメゾン創立当時から60周年を記念して「ジュン アシダ」と「タエ アシダ」が初の合同ファッションショーを開催。小室哲哉のピアノ演奏、大平修蔵のDJプレイのなか、冨永愛や稲垣貴子らがランウェイを歩いた。

 「こんな奇跡が起きていいのかという瞬間があって。心は落ち着いていてとても楽しいファッションショーでした。人生において宝物。忘れられない一日なりました」

フォトセッションに臨んだ小室哲哉、芦田多恵氏、大平修蔵

 「TAE ASHIDA SHOW」では、小室哲哉と演奏を繰り広げた。「緊張よりもワクワクの方が勝っていて、前には小室さんがいて、横を見ると多恵さんがいて」と興奮冷めやらぬ様子。

 大平が作曲したうち6曲目に披露したのは、小室がリミックスを手掛けた曲。「聴いた時は良い意味で『ヤバイ!何だこれは!」と驚きました。本当に素晴らしいリミックス。ハードなスケジュールのなか作曲して、そのなかでああいうリミックスが返ってきて本当に何だこれはって。驚かせるショーになって。本当に本当に幸せでした」と舌を巻きつつ、目を輝かせた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)