神田うの



 神田うのがこのほど、都内で開催された「ジュン アシダ・タエ アシダ」アニバーサリーコレクション「JUN ASHIDA / TAE ASHIDA 60TH ANNIVERSARY SPRING SUMMER COLLECTION 2024」を観覧。ファッションショー後には報道陣による囲み取材に応じた。

 【動画】目を滲ませる神田うの。シアー素材を組み合わせたエレガントな衣装で取材に応じた

 デザイナー芦田淳氏による1963年のメゾン創立当時から60周年を記念して「ジュン アシダ」と「タエ アシダ」が初の合同ファッションショーを開催。小室哲哉のピアノ演奏、大平修蔵のDJプレイのなか、冨永愛や稲垣貴子らがランウェイを歩いた。

 創業者の芦田淳氏と親交があった。「『うのちゃん、うのちゃん』ってすごく可愛がってくれていて…」とショーを観覧しながら感動に浸り、会見でも目を滲ませた。

 「ウルっときて…。本当に素晴らしい世界。エレガンスの世界を素晴らしく引き継いでいて、それを新しく今の時代にあった洋服に生まれ変わらせて。淳先生の事を思い出して、やっぱり服はすごいなって。淳先生と多恵先生の共同作業的な新しさを感じました」

 この日のファッションは所々にレースをあしらったエレガントな装い。ジャケットは大人なボルドー色。「上はシルクサテンですが、シアーのある素材を合わせていて。ベルベットのベルトとジャケットは色が一緒ですが、素材の違いで表現していて素敵」と目を輝かせた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)