真木よう子



 劇団ひとり、真木よう子、門脇麦が7日、都内で行われた新作発表会「#DMM TV まつり ~Original Content Lineup~」に出席した。バラエティ『横道ドラゴン』に出演する。捜査シーンがすべて即興のアドリブで進むクライムサスペンスで真木よう子のブチ切れシーンも見どころの一つだ。

 【動画】即興芝居でブチギレる真木よう子。司会を務めたローランドもびっくり。劇団ひとりと門脇麦らで撮影振り返る(ノーカット)

 反田龍児役・劇団ひとり、由良歩役・真木よう子、橘陶子役・門脇麦。企画・総合演出を務めるのは橋本和明氏。

 捜査シーンがすべて即興のアドリブで進むクライムサスペンスという本作。劇団ひとりは「今回の作品は、アドリブを元に脚本家の上田誠さんがドラマ部分を書いて、そのドラマ部分を受けてもう1度アドリブパートに入って…という構成です。演者がそんなつもりなく言ったことが伏線になって、それが最終話に回収される気持ちよさはこの作品でしかないですね。逆にすごい伏線っぽいのに回収されなかったりしています」と本作ならではの面白さに触れた。

 真木は本作への参加について「軽い気持ちでお仕事受けてしまったのですが…頭をフル回転しなきゃいけないので、一日撮影して家帰ったらベッドにぐったりでした」と苦労を話した。門脇も「私も(仕事を)受けちゃった…と。考えてみたら普通のドラマの撮影でも自由な演技が得意じゃないんです。アドリブがもともと苦手だったことに後から気づきました」と語った。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)