池田エライザ

 池田エライザが、今年で3回目の開催となる縦型映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2023」の公式アンバサダーに就任した。2021年の第1回目は北村匠海が、第2回目は磯村勇斗が務めた。そのバトンを俳優・歌手・映画監督の池田エライザが引き継ぐ。「作品を創る人、観賞する人、みんなで楽しみましょう!」とコメントを寄せる。

 同映画祭は、東宝とTikTokがタッグを組み「縦型映画」という新たな映画の“カタチ"を通して、「“映画”の可能性を広げ、世界に羽ばたく新たなクリエイターに出会い支援する」ことを目的としたプロジェクト。

 「縦型映画」を制作のみならず鑑賞も含めて映画の新たなフォーマットとして定着させ、それを文化として広めて行くことにも尽力していく。

 グランプリ含め複数の賞を設けており、過去2回の受賞者たちは縦型映画の先駆者として、活躍し始めている。今後も才能あふれるクリエイターの活躍の場をさらに増やすべく、同映画祭を通して彼らと協力しながら「縦型映画」を発展させて行く考え。

 昨年の「TikTok TOHO Film Festival 2022」では、おおよそ2カ月の応募期間に投稿された映画は約2000 本。受賞作品と応募作品の総再生回数は、6億1千万回を超えた。

 第3回目となる今回は、グランプリ、観客賞のほかに脚本賞とアニメ・CG賞、そして、チャレンジ賞の3つの賞を新設。

 脚本賞は映画にとって大切なストーリーテリングに着目した賞となっており、アニメ・CG賞は技法を称える賞となる。

 そしてチャレンジ賞は、縦型映画という新たなフォーマットへの挑戦を称える賞となっており、より多くの才能との出会いの可能性を広げるために設けた。

 作品は最短1分から最長10分まで。13歳以上であればだれでも参加が可能だ。今回は「1本の投稿で完結された1分〜10分以内の縦型映画作品のみ」が審査対象となる。なお複数エピソードまたは複数投稿からなる作品は選考対象外。

 グランプリ受賞者は賞金30万円のほかに、東宝のクリエイティブレーベル「GEMSTONE」による新作映画の制作権利及びその制作のサポートを受ける事が出来る。

 応募方法はハッシュタグ #TT 映画祭 2023 を付けて TikTok に動画を投稿するだけだ。

TikTok TOHO Film Festival 2023

公式アンバサダー・池田エライザ:コメント

 みなさん、こんにちは。池田エライザです。

 磯村勇斗さんからのバトンを受け取りまして、この度 TikTok TOHO Film Festival 2023 のアンバサダーに就任致しました。

 この縦型映画のみを扱う映画祭は今年で3回目を迎えました。

 私自身も映画を撮る者として、縦型映画は今後どうなって行くのか、ものすごく興味を持ってます。

 撮影方法も、鑑賞する方法も新たな可能性に溢れてるからこそ想像のつかない名作が生まれる場でもあると思います!

 作品を創る人、観賞する人、みんなで楽しみましょう!

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)