(C)2022 東北新社

 DREAMS COME TRUEの名曲をもとに、脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル脚本でドラマ化する『5つの歌詩』(スターチャンネル)。これまで明かされてこなかった「#5」の全貌が解禁された。ドリカムが新たに書き下ろした新曲は「スピリラ」。この曲をもとにしたドラマに出演するのは土村芳、前田亜季、足立梨花の3人となる。

 【動画】「スピリラ」予告

 物語はこうだ。

 <東京郊外に住む薫(土村)は、仕事を終えていつものバスで帰宅していた。特に不満があるわけでもなく過ぎていく毎日…。地元の友達ともなんとなく疎遠になり、会社でも仲良しはいるが友達とは少し違う。かといって、新しい友達、仲間との出会いも無く、心の中では「友達がほしい」と思っている自分がいる。そんなある日、車両トラブルでバスが停車してしまう。途方に暮れて、しかたなくバスを降りるが、そこにはいつもバスの中で顔を合わせている同年代の二人の姿が…。薫が意を決して真理恵(前田)と宏実(足立)に、「一緒に歩きませんか?」と声をかけたことから奇跡の一日が始まる>

 主演の土村は今回のオファーを受けこう語っている。

 土村「一時期、ものすごく頑張れば私もあの(吉田美和さん)声になれるかもと、CDをかけていた時期がありました。歌詩とメロディー切ない曲が好きだったんです。悩みを抱えながら、恋人や結婚相手ではなく仲間という繋がりを求める3人が出会い、支えながら前向きに歩みだす物語です。立ち止まらず、少しの勇気を出して一歩踏み出せば、新しい仲間、新しい世界に出会えるんだと背中を押してくれる作品になっていますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです」

 また共演の前田は次の通りに想いを明かした。

 前田「小さい頃からドリカムさんの曲が身近にあり、今回このドラマのお話を聞きとてもワクワクしました。岡田惠和さんの描く世界もとても好きなので、私にとって夢のようなコラボレーション!と思いまし。勇気を出したらこんな事も起きるのかも…と私自身も小さな奇跡を起こしたくなりました。それぞれに不安や悩みの中で生きてますが、そんな時だからこそ、一歩。と思える、作品だと思います。あと、個人的に、バスに乗るのが好きなので、そこから始まる物語というのも好きです。ドラマの中で、初めて聴けるドリカムさんのスピリラ。登場人物たちと重なり合い、どんな色になるのか、私もとても楽しみです。3人での撮影はぎゅっと濃い時間を過ごし、まるで物語の中の3人の様でした。みんなの一歩を、ぜひ見ていただきたいです」

 そして、足立も感慨深くこう述べた。

 足立「楽曲をもとに映画やドラマが作られることは今まであったと思うんですが、まさかドリカムさんの曲がこういう形でドラマ化されると思っていませんでした。お話を伺った時、『本当ですか?そんなことあるんですね!』と驚きもありつつ、楽しみになりました。人それぞれいろんな悩みを抱えながら生きているんだなっていうことが分かりますし、その悩みを持った3人がどういうふうに仲良くなっていくのか、大人の友情とはどういうものなのか、みたいなものがぎっしり詰まったドラマになっていると思いますので、ぜひご覧ください!」

 木内監督は3人の起用理由をこう明かしている。

 木内監督「今回、出演頂いた土村芳さん、前田亜季さん、足立梨花さんには東京の郊外に住み、似たような環境、似たような生活を営み、似たような心情を抱えた30代の女性を演じていただきました。以前から顔見知りではありましたが互いに声を掛け合うことのなかった3人が、ある日、ある事をきっかけに急激に絆が深まっていく物語です。3人がそれぞれに悩み、葛藤していることを、互いに話し、互いに認め合っていく。キャストの皆さんにはそれぞれの役を皆さんなりに演じて頂き、それぞれの役がこの作品を見ていただく方々にとって、自分と照らし合わせることによってそれに共感し、心に響くものになったのではないかと思います。土村さん、前田さん、足立さんは撮影現場の空き時間もまるで女子会を開いているように和気あいあいと楽しんでいて、その楽しい雰囲気が作品の中にも滲み出ています。今回、この作品のお話を頂いてドリカムを聞いて育った私としても大変光栄で、ありがたく思っております。この物語のベースとなっているのは「スピリラ」で、見ている方々には曲から生まれた岡田惠和先生のオリジナル脚本の物語を楽しんで頂ければと思います」

 中村正人と岡田惠和氏によると「5つの歌詩」の最後のピースである#5「スピリラ」が誕生するまで長い道のりだったようで、「お話が始まってから、詩が完成するまでに多分1年以上かかった」という中村の言葉に、岡田は「(デモを)聴かせていただいて、完成した詩がついてのってくるのを待ってるっていう、なかなか味わえない立場に自分はいるなっていう感じがあって、すごくワクワクして。どんなことになるんだろうか」と普段とは違った環境下での脚本づくりを楽しんだよう。

 更に「多分、岡田先生は、最初のリクエストではバラードでちょっと感動的なみたいなお話もあったような。最初は何を期待してました?」との中村の問いに、「どちらかというと、泣ける系だったりとか、ドリカムらしいみたいな感じのものがくるだろうという想定の下、他の4本を進行させていて、自分が最後になってしまって打ち合わせで2人(別エピソードを担当した脚本家の渡邉真子、濱田真和)に言ったことがすべてブーメランとして返ってくる気がしていたので、久々にプレッシャーを感じていました」と当時の心境を明かした。

 そんなやり取りをしている間に遂に詩が出来上がり、「なんととてつもない変な曲が上がって来ました」の中村の発言に、岡田は「濃いなってまずは思いました。料理で言うと全部乗せみたいな感じ。何かすごくゴツゴツしたものが、ガーンと来たなっていう感じがして、こういうことかと。面白いですね」と新曲を表現。

 その回答を受けて中村も「僕もそう思ってました。ああ、こういうことかと。吉田から曲が上がってくる時、やっぱりいろいろ汲んでくれて、やっぱりそういうみんなが期待するものを作ってくれるだろうなと思っていたら、今回は本当に期待しないものが来たんで驚いたんです。でも何と言うんでしょうかね、我々が思っているより、吉田が今を掴んでいました」と語る。

 そして完成したドラマ。中村は語る。

 中村「女性たちのあるあるの1つ1つが、その瞬間その瞬間、奇跡を生んでいるドラマでした。ドラマを観て頂ければ、今自分が目立たないとか、自分が損してるんじゃないかとか思ってる人たちが、その“瞬間”に気づけたら、あなたのその毎日の“何か”が凄いことなんだと捉えて頂ければ。このドラマ企画のチャレンジに沢山の人が追従してくると思います。『5つの歌詩』があったから、こういうムーブメントが起きたんだと。それこそ何回もスターチャンネルで観られるということで、ぜひお楽しみに」

 岡田氏もこう述べた。

 岡田氏「中村さんが仰っている小さな奇跡が発動する瞬間みたいなのが描けたらなっていう意味で、ドリカムさんに刺激されまして、いいドラマが出来上がったと思っております。今まで書いてきた脚本の中でも、すごく好きなものが出来上がっています。この素敵なコラボ作品を楽しんでいただきたいなと思います」。

 「スピリラ」は10月8日午後8時からスターチャンネルEX、BS10スターチャンネルで独占配信。TV初放送となるドラマ本編、そして現時点では、「5つの歌詩」ドラマ本編内だけでのみフルバージョンで聴くことが出来る新曲に期待だ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)