貫地谷しほりと、キュンポーズをする中村正人、そして高梨臨

 スターチャンネル初となるオリジナルドラマプロジェクトとして、DREAMS COME TRUEの名曲をもとに、脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル脚本でドラマ化する「5つの歌詩(うた)」の完成披露舞台挨拶がこのほど、都内で行われた。

 各話を代表して「空を読む」から貫地谷しほり、「マスカラまつげ」から高梨臨、「TRUE, BABY TRUE.」から新川優愛、「何度でも」から吉沢悠が登壇。更にスペシャルゲストとしてDREAMS COME TRUEの中村正人が登壇した。

 中村は「我々の楽曲の歌詩をもとに自由に発想したいんだと聞いて、ワンワードでもいいから吉田美和の歌詩を掴んでもらえたらと思って、それを書籍化している最中で、まさに吉田美和の歌を取った歌詩。そういう意味ではこのプロジェクトは非常に興奮しましたし、泣きますよ。だけどバッドエンドではないです。行間が見事に映像化されて幸せです」と手応えを口にした。

 また、貫地谷しほり、高梨臨、新川優愛、吉沢悠はドリカムの曲の思い出を明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)