ロックバンドMUCCの逹瑯(Vo)が5日、ソロプロジェクト第2弾のアクションとして、新ヴィジュアルのアーティスト写真が、逹瑯オフィシャルサイトで公開された。更に逹瑯本人による「手書きアートが施されたアーティスト写真」が届いた。

 「学生の頃歴史の教科書に落書きするの好きだったから自分の写真でやってみた!」と逹瑯が言うように、まるで教科書の中の偉人の写真のごとく大胆に手書きアートが施されている。

 そして、サウンドプロデューサーにMAN WITH A MISSIONや西川貴教、WANDSを手がける大島こうすけを迎えた

 1stシングル「エンドロール」を9月21日(水)にリリース、翌9月22日(木)より、鬼龍院 翔(ゴールデンボンバー)、luz、AKiを迎える2マンツアー「imagination from the other side」の東京・大阪公演を予定している。

 9月2日(金)には東京・Shibuya eggmanにて宏崇(R指定)、海(vistlip)を迎え、「Kitchen Guys TalkSession」と冠したトークライブを開催した。

 これまでのツアーにも参加している2人をゲストとして迎え、音楽だけでなく、プライベートでは一緒に釣りにも行くという気のおけない仲だけに、終始笑いの絶えないイベントとなっていた。トークイベントの最後には世界最速で「エンドロール」の爆音視聴が行われた。

 2022年2月、アルバム『=(equal)』、『非科学方程式』同時リリースから走り出した逹瑯ソロは、ソロツアー「はじめまして逹瑯です。」、ソロ名義初のアコースティックライブ『逹瑯「はじめてのアコースティックライブ」』など、果敢に精力的な活動を見せてきた。

 新ヴィジュアルのアーティスト写真が公開され、逹瑯ソロプロジェクトSeason2ではいかなる新世界を提示してくれるのか。

作品情報

「エンドロール」 9月21日リリース

【限定盤】CD+DVD 2,500円(税込) DCCA-1097~1098

※限定盤DVDには「はじめてのアコースティックライブ」公演を収録。

【通常盤】CD 1,500円(税込) DCCA-1099

■「はじめまして逹瑯です。LIVE in KT Zepp Yokohama」 9月21日リリース

【完全生産限定盤】Blu-ray 11,000円(税込)DCXA-1

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)