柳俊太郎、白石麻衣、北村一輝

 白石麻衣、柳俊太郎、北村一輝が、赤楚衛二主演Netflix映画『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のことから』(石田雄介監督、2023年全世界独占配信)に出演することが決まった。※柳俊太郎の「柳」は木へんに夘。

 Netflixシリーズ『今際の国のアリス』の麻生羽呂原作、高田康太郎作画で月刊サンデーGX(小学館)で連載中の同名作品の実写化で、笑いとスリルが交差する新感覚ゾンビ映画となる。

 街中にゾンビが溢れるという絶望的な状況を、「もう会社に行かなくていい!」という逆転の発想でポジティブに生き生きとサバイブする主人公のアキラを赤楚衛二が演じる。

 本作のヒロインである三日月閑(シズカ)役を演じるのは、白石麻衣。シズカは、リスクヘッジを第一に考え行動をする論理的人物。アキラが食料を調達するために訪れたコンビニエンスストアで出会うことになる。白石は本作と演じた役柄について「主人公のアキラが、街がゾンビ化することで『会社に行かなくてもいい』という発想になるところにまずクスっとしてしまいました。シズカやケンチョという同じ目標を持った仲間とも出会えて、ゾンビ物なのにちょっとポップでコミカルな要素も含んだ青春作品だなとも感じました。ここまで本格的なアクションに挑戦したのは初めてだったのですが、シズカは、果敢に立ち向かっていくかっこいい女の子なので、私も自分に負けず、強い気持ちで挑戦するように心がけました」とコメント。

 アキラの親友ケンチョこと竜崎憲一朗役を演じるのは、柳俊太郎。柳は「台本を読んだ感想としては、これは今までに見たことのないゾンビ映画になるなと思いました。個性的なゾンビ達をはじめ、この物語の東京の街など日本独特なゾンビの世界をこのNetflixで描いたらとても魅力的な作品になるだろうと感じていました。そしてケンチョという役に出逢えて本当に幸せでした。過去のトラウマを抱えながらゾンビの世界でそれを克服できるのかどうか、仲間に支えられながら男になっていく姿に心打たれました」と語っている。

 アキラの上司である小杉権蔵役を演じるのは、北村一輝。小杉は、アキラが働くブラック企業で過度な精神的不可をかける典型的なパワハラ上司だ。北村は、「ゾンビが溢れる世界になった時、『もう会社に行かなくていい!』という斬新な発想。自身の役所は、その会社で時代錯誤ともとれる、画にかいたようなハラスメント上司役でゾンビ以上に嫌な存在。自分も主人公と同じ状況になったら、同じような行動に出るかもですね」とコメントしている。

 他、市川由衣、川﨑麻世、早見あかり、筧美和子が出演する。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)