のんが主人公を演じると聞いた時のうれしさを飛び跳ねて表現するさかなクン(右端)

 のん、夏帆、磯村勇斗、さかなクン、沖田修一監督が10日、都内で行われた映画『さかなのこ』完成報告上映会に登壇。さかなクンをモデルにした主人公を演じたのんは、オファーを受けた当初は驚きもあったというが「のんなのかもなって腑に落ちました」と語った。

 【動画】オファーを受けた心境を語るのんと、飛び跳ねるさかなクン

 自叙伝『さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~』原作にさかなクンの半生を、劇作家や映画監督でもある前田司郎が、フィクションも織り交ぜながら沖田監督と共にシナリオとして大胆にアレンジして描く。

 子供のように天真爛漫で好きなことに一直線、周囲の人間をいつのまにか幸せにする不思議な魅力にあふれた主人公・ミー坊役をのんが務めた。性別を超を越え生命力いっぱいに演じた。

 のんはオファーを受けた当初は「驚いた」ものの「これはのんかもなって腑に落ちました」。演じていても「楽しかった」そうだ。

 一方、自身をモデルにしたミー坊をのんが演じることを知った時は「これはもう~ギョギョギョギョ!ウハハ!のんさんだ!ってすごく嬉しかったです!」と嬉しさのあまり驚きが隠せなかったと、飛び跳ねながら当時の心境を表現した。

 この日は、ミー坊とひょんなことから再会し、同じ屋根の下で暮らすことになる幼馴染モモコを演じた夏帆、とある出来事からミー坊との絆を深めていくツッパリ頭の総長を演じる磯村勇斗、そして本作の監督・沖田修一が登。

 さらに、劇中ではミー坊の恩師役を演じ、実生活でもさかなクンと中学高校の同級生であったドランクドラゴンの鈴木拓がサプライズゲストとして駆け付け、さかなクンへの愛と感謝を込めて登壇者全員でメッセージを寄せた特製横断幕をプレゼントした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)