初登場で衝撃を与えた山本千尋演じるトウ(写真・NHK)

 山本千尋が7月31日放送の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』29話で圧巻の剣技を披露。「すごいアクション!」と放送中から話題になった。※一部ネタバレを含みます。

 【写真】圧倒的な存在感を放ったトウ山本千尋の“剣舞”

 梶原善演じる善児に育てられた孤児・トウを演じることは以前に発表されていた山本。この放送回で満を持して初登場した。

 ドラマの冒頭に登場した山本演じるトウ。善児が殺さず育てた少女が成長して北条義時(小栗旬)の前に現れ、華麗な身のこなしと見事な剣捌きを披露した。

 この瞬間、視聴者からは「出てきた瞬間にヤバイと思った」「アクションがすごい」「トウさんの動きはガチです」「凄すぎる所作」「今後が怖い」「トウの身体能力」「トウの動きがやべえ」などの声があがり、初登場でかなりの衝撃を与えた。

 山本は、3歳から中国武術を習い、数々の世界大会で優勝、JOCジュニアオリンピックでは長拳・剣術・槍術の3部門で3連覇の実績を持っている。裏付けされた実績と数々の作品でのアクション経験を今回初出演の大河で披露する。

 梶原景時(中村獅童)が散り鎌倉に漂う不穏な空気が一層増すなかで見せた殺気をも感じるトウの“剣舞”。トウは何を想い、何を狙うのか、今後の物語にどう絡んでいくのか。回を追うごとに披露されるであろう殺陣とともに注目だ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)