田中淳一(相葉雅紀)が、懐中電灯を手に“なにか”を見て驚いているような表情(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

 相葉雅紀が主演を務めるホラー映画『“それ”がいる森』(9月30日公開、中田秀夫監督)の場面写真が公開された。“あの世を超える恐怖”を予感させる写真となる。

 相葉雅紀演じる田舎で農家を営む・田中淳一が、元妻・爽子(江口のりこ)が東京で暮らしていた息子・一也(上原剣心)と暮らすことになり、森の中で得体の知れない“それ”を目撃したところから、松本穂香演じる一也の担任・絵里(松本穂果)とともに怪奇現象に巻き込まれていく、未知の恐怖を描いた物語。

 解禁された場面写真では、田舎町で農家を営む田中淳一(相葉雅紀)が、懐中電灯を手に“なにか”を見て驚いているような表情を捉えたものからはじまる。

 東京で離れて暮らしていた淳一の息子・一也(上原剣心)が淳一のもとを訪れ、北見絵里(松本穂香)が担任を務める学校へ転校してくるシーンや、淳一の元妻・爽子(江口のりこ)が一也と接する際に息子との確執を感じさせるような不安な表情を浮かべるもの。

 さらに“それ”を過去に目撃したこがあるという児玉勉(小日向文世)の姿も捉えたものなど、未知なる恐怖を予感させる、どこか物々しい不気味な雰囲気を映し出している。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)