公開されたポスター(C)2022「さかなのこ」製作委員会

 “さかなクン”の半生を、のん主演で描く映画『さかなのこ』(9月1日公開、沖田修一監督)の本予告映像が公開された。主題歌は4人組バンド・CHAI書き下ろしの「夢のはなし」に決定した。本予告映像では、自分の好きを貫き、周囲から愛される主人公の姿が映し出されている。

 さかなクン初の自叙伝『さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~』(講談社刊)が原作。“さかなクン”になるまでを描いた原作を、劇作家や映画監督でもある前田司郎が、フィクションも織り交ぜながら沖田監督と共にシナリオとして大胆にアレンジした。のんが主人公“ミー坊”を演じる。

 予告では、パスカルズによるキャッチーでポップな音楽が流れる中、柳楽優弥が演じる幼馴染みのヒヨや夏帆が演じる同級生のモモコ、磯村勇斗や岡山天音が演じる地元の不良たちと絆を深めたり、井川遥が演じる母親に温かく見守られながら、主人公のミー坊がおさかな一直線に人生を歩んでいく様子が描かれている。

 完成した作品を鑑賞したさかなクンは…。

 「沖田監督様が『さかなクンの映画であってさかなクンの映画ではない』とおっしゃる通りの映画でギョざいます。『あ、こんなことあったなー』というところもあれば、『新たな世界観だ!』と先の展開にワクワクドキドキするところもあり。まさに!!ミー坊になって『さかなのこ』の世界に溶け込んで、嬉しい、楽しい、悲しい、面白い、切ないといったいろんな感情になりました」

 教室でおさかなの絵を夢中で描き、海水浴に行けば大きなタコを素手で捕まえ、夕飯には魚料理を食べるという猛烈な“おさかな愛”を発揮する小学生のミー坊に、周りの子供と少し違うのではと、三宅弘城が演じる父親が少し心配する場面も――。

 “いつかお魚博士になりたい”という大きな夢を持ち、水族館で働いてみたり、お寿司屋さんで働いてみるもののなかなかうまく行かない――。

 「どうして好きなだけじゃ、ダメなんだろう」。悩み立ち止まるミー坊に「あの子はお魚が好きで、お魚の絵を描いて、それでいいんです」と背中を押す母・ミチコ。

 “そのままできっと大丈夫”とありのままの姿を肯定してくれる母や友人たちの温かな想いを受けて、ミー坊は好きを邁進していく。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)