ホアニータを演じる渡辺みり愛とヘンリー・マカーティを演じる萩谷慧悟

 萩谷慧悟、長妻怜央、渡辺みり愛、校條拳太朗、瀬戸利樹、萩野崇、松田賢二が10日、東京・EXシアター六本木で、舞台『Little Fandango』公開ゲネプロに臨んだ。

 アメリカの西部開拓時代、21人を殺し、21歳でその生涯を閉じた「ビリー・ザ・キッド」。彼の遺した伝説を中心に、ニューメキシコ州の街に生きた少年たちの運命と、隠された歴史を描く。

 本作のダブル主演として、のちに「ビリー・ザ・キッド」として知られることとなる『ヘンリー・マカーティ』役に萩谷慧悟、そして『マクスウェル/ピート』の2役に長妻怜央、またヒロインとして『ヘンリー/ホアニータ』の2役に渡辺みり愛、『パット・ギャレット』役に校條拳太朗、『ティック・リチャード・ブリュワー』役に瀬戸利樹、『ウィリアム・ローゼンンバーグ』役に萩野崇、『ジョン・タンストール』役に松田賢二、ほか豪華なメンバーが集結した。

 圧倒的なガンアクションを披露。更に、渡辺みり愛、吉川友らはダンスパフォーマンスを披露した。

あらすじ

ニューメキシコ州――かつてはゴールドラッシュに湧きあがり、ならず者たちが活気を作っていたこの街も、今では区画整理され、法の下に秩序が行き届いている。

その街で生まれた議員の息子・ヘンリーは親友のマクスウェルと共に、家の屋根裏で一冊の古ぼけた日記を見つけていた。

父親嫌いのヘンリーにとって知りたかったのは、この街の歴史。

自分の血の中にきっと隠れているであろう「カウボーイ」の真実を知りたいのだ。

そして、かつてこの街にいた伝説の悪童の名を。

その名は、「ビリー・ザ・キッド」。

21人を殺し、21歳でその生涯を閉じた悪童、そしてリンカーン郡戦争を勝ち抜いた「英雄」だ。

日記を広げながら、少年二人は、カウボーイたちの世界に入り込む。

パッド・ギャレット、ドク・スカーロック、コー兄弟、リチャード・ブリュワー、そして、自分と同じ名前を持つヘンリー・マカーティ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)