ハプニングの瞬間

 中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央、中西健二監督が20日、都内で行われた映画『大河への道』初日舞台挨拶に登壇した。

 長い時間を経て完成に結びついた本作の初日を祝おうと鏡開きが行われたが、まさかのフライングで割れてしまうハプニング。北川景子、岸井ゆきのら驚きの表情を見せる中、和田正人は「割れていません!何も起こっていません!」と何事もなかったように振舞い会場を沸かせた。

 本作は、現代を舞台にドラマ開発に奮闘する物語と、200年前の日本地図作りに隠された感動のドラマを描く。中井貴一が主演・企画を務めた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)