池田エライザ演じる泥川七音のちのドロンジョ(WOWOW)

 池田エライザが、『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』の人気キャラクター・ドロンジョの過去を全く新しい視点から新解釈でドラマ化するタツノコプロ創立60周年記念「WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ」で、主人公の泥川七音(どろかわ・なお)のちのドロンジョ役を演じることが決まった。

 【動画】DORONJO / ドロンジョ 超特報

 発表から45年を経た今もなお、多くの人々に愛されるアニメ『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』で、正義の味方:ヤッターマン1号・2号と対峙する、キュートでセクシー、そして少し間抜けで憎めない敵役として知られるドロンジョ。本作はそんなドロンジョの知られざる過去や壮絶な生きざまをとおして、「正義と悪」という永遠の命題を描く。

 脚本は映画『桐島、部活やめるってよ』で、日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞、『ディストラクション・ベイビーズ』や、最近では舞台『呪術廻戦』の脚本を手掛ける喜安浩平ほか、『ミスミソウ』『許された子どもたち』など、衝撃的な作品で物議を醸してきたクライムサスペンス映画の名手:内藤瑛亮、映画『大事なことほど小声でささやく』『こはく』の横尾初喜らが、ドロンジョを令和に復活させる本プロジェクトに集結する。

 本作でWOWOW連続ドラマ初出演にして初主演を務める池田が演じる主人公・七音は、貧しく過酷な環境下で自分を勝負の道具のごとく酷使していく役どころ。七音が自分の存在価値を唯一見出せるのが、肉体同士が激しくぶつかり合う真剣勝負の闘いの場。そんな彼女の身に、次々と衝撃的な悲劇が訪れて――。

ティザービジュアル

 公開した七音のキャラクタービジュアルの左足には、武骨な作りの機械式の“義足”が装着されている。はたしてその意味とは?なぜ七音は、悪に手を染めることになったのか。近年、映画やドラマのみならず、バラエティ番組やアーティスト活動などにおいて、さまざまな表現で世を魅了している池田。彼女が本作で見せる“切なく、泥くさく、美しい”全く新しいドロンジョに注目だ。

(c)タツノコプロ

池田エライザ:コメント

 七音という役柄に向き合う日々は、心身共に過酷の連続でした。

 生きるために戦う。それが正義か悪かなど考える余地もない。

 追い詰められた七音に寄り添う過程で簡単なことなど何一つありませんでした。戦いの場に上がる時も、絶望の淵に立たされた時でさえも、心の中で轟轟と燃える七音の闘心はきっと誰かに希望を与えてくれると思います。生きる意味を考えすぎてしまうこの世の中で、本能剥き出しで明日に向かって足掻いていくこのキャラクターを演じることができてとても幸せでした。是非、たくさんの方にご覧いただきたいです。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)