柳俊太郎

 柳俊太郎が、漫画『ワンナイト・モーニング』(奥山ケニチ)の実写ドラマ化に出演することが分かった。ある男女が一夜を過ごす中で心と体を交わせ、“ささやかな朝ごはん”を共にする時間を描く作品を、全8話のオムニバス形式でドラマ化する。柳はその第3話「そうめん」で主人公を演じる。※柳俊太郎の「柳」は、正しくは木へんに夘。

 WOWOWが実写ドラマ化。8月に放送・配信する。第3話「そうめん」には、柳ほか浅川梨奈が出演する。

 主人公はほぼ毎日”そうめん弁当“を食べる変わり者・会社員の桃川航と“お金があれば幸せになれる”をモットーとする鬼ヶ島萌。日々、玉の輿を狙って会食を繰り返す鬼ヶ島は、会社でそうめんを食べる同僚・桃川に”貧乏くさい“という印象を持っていた。ある日、気合を入れて実業家とのデートに臨んだ鬼ヶ島だったが、相手の悲しい事実を知らされ店を去る。その後、帰り道に桃川と遭遇し、一緒に飲みに行くことなるのだが...やけくその鬼ヶ島は泥酔してしまい…。

 桃川を演じるのは柳俊太郎。Netflix『今際の国のアリス』では顔面にタトゥーが入ったラスボス役を、ドラマ『トーキョー製麺所』では好青年のバイトリーダー青井春翔役を、実写ドラマ『ギヴン』では感情の機微を繊細に表現。『WOWOWオリジナルドラマ ヒル』ではヒル・ヨビを好演するなど役者として高い評価を得ている。

 対する鬼ヶ島役は浅川梨奈が務めた。20代中盤、恋愛とこれからの人生を重ね合わせて考えるタイミングにある2人は、価値観は違うものの、“幸せになりたい”という思いは一緒。柳と浅川はそんな2人の現実と理想のはざまで悩みながら進む、“大人のピュアな恋愛”を演じ切った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)