隼人(松下洸平)を説得する那由他(山崎賢人)(TBS)

 山崎賢人(※崎は立に可)が主演を務めるTBS日曜劇場『アトムの童』の第2話が23日、放送され、山崎演じる那由他を取り巻く隼人(松下洸平)、公哉(柳俊太郎=柳は木へんに夘)、興津(オダギリジョー)の過去の関係性が明らかになった。※ネタバレを含みます。

 動き出した新生「アトム玩具」のもとで那由他がゲーム制作を始めるもののアイデアが出ずに作業はストップ。そんな那由他にアトム玩具の新社長、海(岸井ゆきの)は、“ゲーム業界のバンクシー”こと「ジョン・ドゥ」のもう一人の人物、隼人に相談することを提案するも、那由他は「あいつとはもう二度とやらない」と断る。

 2人が一緒に作らなくなった理由はあった。2人以外に公哉という人物がいた。公哉は2人の才能に気付きサポートしていた。2人は「スマッシュアタック」というゲームを制作していたが資金面に悩んでいた。そこで公哉が支援を受けようと頼ったのがサガスの興津だった。「スマッシュアタック」を見せて支援を依頼するも、気づけばそのゲームは「サガス」で販売され奪われてしまった。

『アトムの童』第2話(TBS)

 全ての責任は自分にあると思った公哉は、自ら命を絶った。公哉の死で那由他は「ゲームを作る資格なし、せめてもの償い」とゲームから離れる。対照的に、隼人はクリエイターとして成功するためにサガスに就職。そんな隼人の姿に那由他は「裏切った」と喧嘩別れをする。

 そんな過去があった2人だが、別のパートナーを求め参加したゲームジャムで偶然出会い、同じチームになってしまうが那由他は会場を出てしまう。その後、那由他は、海から隼人がサガスからジョン・ドゥでゲームを出すことを聞かさせる。那由他は隼人がサガスに行った理由を知るために公哉の母親を訪ねる。そこで隼人がゲームを取り戻すためにサガスに行ったという理由を知る。

 ゲームを取り返す代わりに、“ジョン・ドゥ”としてサガスと契約をしようとしていた隼人を那由他は「一緒にアトムでゲームを作ろう」と説得する。その甲斐あり結果、隼人はアトムに入ることになり、“ジョン・ドゥ”が完全復活となった。

『アトムの童』第2話(TBS)

 知られざる過去、ゲーム愛、そして仲間への想いが明かされた第2話。放送中から反響を呼び、SNSでは「生き生きとゲームする那由他の表情や瞳の輝きがそれまでと全然違った…」「那由他と隼人が仲直りできて良かった涙」「アトムの童、面白すぎる…!」「那由他の言葉、泣けた」「何回観ても那由他と隼人がばったり会うシーン最高すぎる」などの声。

 一方、これまでクールな役柄が多かった柳俊太郎の控えめなキャラクターを演じる姿も反響で「アトムの童の柳俊太郎、ほんとに可愛い。不審な役しか見たことなかったから、びっくりした」「ナンバの時と全然ちゃうやんけ」「良い人役新鮮だなあ」「柳俊太郎さんにはこういう優しい控えめな役もたくさんやってほしい」との声もあった。

『アトムの童』第2話(TBS)

 柳は過去の別作品ではバイトリーダー役を演じたことはあるが、公哉のような控えめな役は珍しい。改めて柳の幅の演技の広さが感じられた場面でもあった。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)