米津玄師が、映画「シン・ウルトラマン」主題歌として書き下ろした新曲「M八七」(エム ハチジュウナナ)。映画『シン・ウルトラマン』長尺82秒の予告映像が18日、公開された。

映画「シン・ウルトラマン」と米津玄師のコラボレーションが報じられ、主題歌として書き下ろした、米津玄師「M八七」(エム ハチジュウナナ)が収められた特報30秒が大きな話題となるなか、さらに長尺82秒の予告映像が解禁となった。

この予告映像に映し出されるのは、禍威獣による危機がせまる中、大気圏外から飛来し、突如あらわれた銀色の巨人…! ウルトラマンが初めて地球に降り立つ瞬間などの緊迫感溢れる映像が収めれた、公開されている中で最も長尺の映像となっている。主題歌「M八七」が更に長尺で聴くことができる予告編となっている。

この予告映像は、4月15日より全国の映画館において上映、4月16日(土)より大阪・あべのハルカス美術館で開催される「庵野秀明展」においても上映されている。加えて、あべのハルカスでは、16階と60階「天上回廊」をつなぐ専用エレベーター内のBGMとして「M八七」が採用されている。

また、ニューシングル「M八七」(5月18日発売)の収録曲と、商品形態も公開されている。収録曲は、「M八七」を表題とし、PlayStation(R) CM曲の「POP SONG」と、新曲「ETA」の3曲を収録。パッケージは、「ウルトラ盤」「映像盤」「通常盤」の3形態での展開となり、いずれも初回限定となる。「ウルトラ盤」は、リフレクターケースに、レーザーカプセルが同梱される特殊仕様。「映像盤」は、シルバーのデジパックにDVDが付属。「通常盤」は、紙ジャケ仕様となっている。

映像盤にのみ付属するDVDには、「POP SONG」「Pale Blue」「死神」のミュージックビデオの他、「POP SONG」に効果音を載せたSound Effectバージョンと、8bit Teaserの5作品が収録される。合わせて、法人特典は、「M八七 ミラーステッカー」に決定した。

この記事の写真

ありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)