上西怜・小嶋花梨・渋谷凪咲

 12年目に突入したNMB48が、これまでも数々のコラボをしてきた吉本新喜劇と再びタッグを組み、爆笑必至の本気ミュージカルに挑む!

 そのミュージカル『ぐれいてすと な 笑まん』は、大阪公演が5月14日~22日にCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホール、東京公演が5月26日~29日に明治座で上演される。

 NMB48の大ファンとしても知られる、吉本新喜劇・川畑泰史が座長に就任。脚本も手掛ける。演出にはブロードウェイミュージカルの演出も務める玉野和紀を迎え、上演台本・振付も担当。新感覚のミュージカルを世に放つ。

 3月10日、NMB48劇場で開催発表会見が行われ、吉本新喜劇から川畑泰史・すっちー・島田珠代、NMB48から渋谷凪咲・小嶋花梨・上西怜が登壇。意気込みなどを語った。

 NMB48メンバーのコメントを中心に、会見の模様をレポートする。(敬称略)【取材・文・撮影=ポッター平井】

渋谷凪咲「いつも川畑さんは、いやらしい目で見てきます」

 MCの藤崎マーケットによる公演紹介、明治座・三田光政専務取締役、玉野和紀の挨拶に続いて、出演者6人が登壇。NMB48の渋谷凪咲・小嶋花梨・上西怜はタキシード姿だ。このご時世ゆえ、ステージ上にはアクリル板を設置、出演者はマスクを着用したままでの会見となった。

 川畑泰史が「(NMB48と)新喜劇で何度かコラボさせていただいた時は、いつもフワフワした気持ちだった。今回は初めて真剣な川畑を見ていただきたい」と意気込みを語ると、すかさず渋谷凪咲が「いつも川畑さんは、いやらしい目で見てきます」と、川畑を糾弾し、爆笑をかっさらう。その直後に小嶋花梨も「下から舐めるように」と追い打ちをかけるあたり、バラエティ偏差値の高さが伺える。

 更に、「台本は1週間ぐらいで書けた。NMB48の出演メンバーを決めてもらっていいですよって言われたんですけど、1カ月以上悩んで、決められなかった」と裏話を語った川畑に、藤崎マーケットの田崎が「NMB48を愛しすぎている男ですからね」と返すと、「愛しすぎているというか、恋と愛のその間って感じですかね~」と、NMB48の新曲『恋と愛のその間には』のタイトルに絡めたコメントをするも、渋谷に「でも、使い方あんまり上手くなかったです」と、一刀両断。再び会場を笑いの渦に包んだ。

 藤崎マーケットの田崎から「川畑さん、インスタの投稿に、NMB48のメンバーを10人以上タグ付けするのはやめて下さい」という秘話が暴露されると、渋谷からも「インスタグラムを更新して1秒で(川畑から)“いいね”が付くんです。文章読んでます?」と、鋭く突っ込まれ、タジタジになる一幕も。

渋谷凪咲・小嶋花梨・上西怜

渋谷凪咲・小嶋花梨・上西怜

 吉本新喜劇は前日に稽古をして翌日に本番、NMB48もライブのリハーサルは1週間前頃からが多いという稽古期間の短さで知られる両者。しかし、川畑は「今回は1カ月以上、稽古します!」と宣言。小嶋は「ミュージカルは初めての経験で、私は演技経験もほとんどないですし、1からの学びになると思います。プレッシャーを感じています」と、現在の心境を吐露した。

 そして、今回のミュージカルに対する意気込みを聞かれた3人はこう答えた。

渋谷凪咲「NMB48は12年間アイドルとして歌って踊っているんですけど、まだまだ下手っぴで、もっともっと頑張らなきゃいけないという気持ちが全員にあるので、これを機に、歌もダンスもお笑いも本気で挑んで、全員が本物になれたらいいなと思っています」

小嶋花梨「今までのNMB48らしさとか、伝統みたいなものを大切に守っていかなきゃという気持ちが強すぎて、逆に新しいことに踏み出すことが出来なくなってきたりもしていたので、この機会をいただけたことがすごく嬉しくて、NMB48の新しい時代の第一歩になるのかなっていう希望とか期待みたいなものをすごく感じました」

上西怜「メンバーみんなで本格的なミュージカルをさせていただくのは初めてのことなので、すごく緊張しているんですけど、新喜劇の皆さんと一緒にさせていただけるということで、楽しみな部分もあって、観に来て下さる皆さんに新しい私たちを観ていただければいいなと思いますし、新しいワクワクもお届けさせていただけたらいいなと思います」

渋谷凪咲・小嶋花梨・上西怜

渋谷凪咲・小嶋花梨・上西怜

 会見では、吉本新喜劇とNMB48のお互いの足りない要素を補うムチャぶり企画「ぐれいてすと な 笑まんへの道」のコーナーも。吉本新喜劇の3人には、アイドル要素を補うために、キャッチフレーズ付きの自己紹介をする、NMB48の3人には、吉本新喜劇のギャグをミュージカルふうにアレンジするというミッションが課せられた。小嶋花梨は川畑泰史、上西怜は酒井藍、渋谷凪咲は末成映薫のギャグをミュージカルふうに堂々と演じ、審査を務めた玉野からは「3人とも優勝!」と、太鼓判を押された。

小嶋花梨

渋谷凪咲

渋谷凪咲・小嶋花梨・上西怜が演じてみたいシーンとは?

 最後は、報道陣との質疑応答。

――どんなストーリーになりますか?

川畑「地球とよく似た星の大阪によく似た『なんば』という国があるという設定のもと、アホナウイルスという架空のウイルスがやって来て、そんな中で両方のグループが、どのように成長していくのか…というお話です」

――ミュージカルで17公演、会場も広いということで、今までとは違ったプレッシャーもあるのでは?

川畑「いつも本気なんですけど、稽古の段階から本気を出さなあかんなと。真剣に向き合おうと思っています」

――どこが一番大変ですか?

川畑「公演時間が3時間ぐらいになる予定なので、我々年寄からするとそこが…(笑)」

すっちー「広い会場でやるのは、若い頃はびびっていたんですけど、今は老眼であんまり見えていないので(笑)。自分のパフォーマンスをするだけです」

――NMB48の皆さんはいかがですか?

渋谷「いつもはこの場所でやらせていただいているんですけど、ここでやるのと、広いところでやるのとでは、伝え方とかも変わってくると思うので、研究していきたいなと思いますし、今まではファンの皆さんに観ていただくパフォーマンスだったんですけど、今回は私たちのことを知らない方もきっとたくさん観て下さると思うので、自分たちのグループの魅力をちゃんと知っていただけるようなパフォーマンスを学べたらいいなと思っています」

上西怜・小嶋花梨・渋谷凪咲

上西怜・小嶋花梨・渋谷凪咲

――NMB48の皆さんに伺います。今回のミュージカルを演じるにあたって、こんなシーンを演じてみたい!という希望があれば、聞かせて下さい。(平井氏質問)

渋谷「私は、珠代さんと壁にぶつかるやつ(笑)」

島田「やる!?ダブルでぶつかる?」

渋谷「(舞台の)端から端まで走って、やってみたいです!」

島田「でも、ぶつかるまでに、ワーオ!とか、チーン!とかやらなあかんから…」

川畑「そんなルールないです!(笑)」

すっちー「全部をなくしていくよ。少しずつ大事なものを全部なくしていく(笑)」

小嶋「私は、ミュージカルということもあるので、ペアダンスをやってみて、男女の物語をダンスでお届けするようなことをやってみたいなと思います」

川畑「そのシーンをやるとしても、たぶん隣におるのが今別府(直之)になるので、それを想定してOKかどうかですよ」

小嶋「大丈夫です!」

川畑「ええんかい!」

上西「私は、ぜひ川畑さんに、私のキャッチフレーズを真似してやってほしい!一緒にやりたいです」

川畑「わかりました!一緒でええの?れーちゃんがやった後、俺がやるとかでもええの?」

上西「はい!」

川畑「OK!考えておくわ」

すっちー「めちゃめちゃ前向き!言われた途端、ポケットに手を入れはった(笑)」

 会見は以上で終了。その後、出演者全員マスクを外してフォトセッションが行われた。

登壇者

上西怜・小嶋花梨・渋谷凪咲・すっちー・島田珠代

 NMB48はグループ内のバトルイベント「NAMBATTLE2」を開催中。3月27日にファイナルを迎える。ほとんど息つく暇もなく、この作品の稽古が始まることになりそうだ。

 NMB48が本気で挑むミュージカル。2022年5月、新たな歴史の1ページが刻まれる、その目撃者になろう。公演の詳細は特設サイトをチェック!

【公演概要】
タイトル:『ぐれいてすと な 笑まん』
日程・会場:大阪公演→5/14(土)~22(日)COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
東京公演→5/26(木)~29(日)明治座
出演:
■吉本新喜劇→川畑泰史、すっちー、末成映薫、島田一の介、西川忠志、島田珠代、吉田裕、今別府直之、諸見里大介、松浦真也、森田まりこ

■NMB48→安部若菜、石田優美、加藤夕夏、川上千尋、小嶋花梨、貞野遥香、塩月希依音、渋谷凪咲、上西怜、新澤菜央、原かれん、平山真衣、本郷柚巴、山本望叶

主催・企画・制作:吉本興業/明治座

Photos
渋谷凪咲・小嶋花梨・上西怜
渋谷凪咲・小嶋花梨・上西怜
上西怜・小嶋花梨・渋谷凪咲

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)