白石麻衣

 白石麻衣が、先月19日に都内で行われた映画『嘘喰い』(2月11日公開)のジャパンプレミアで、自身の人生の転機を明かした。

 本作は、天才ギャンブラー“嘘喰い”こと班目貘(横浜流星)が、日本の政財界を支配する闇倶楽部“賭郎”に挑みながら一流のイカサマ師達との頭脳心理戦を描く。白石は、客から金をむしり取る闇カジノを仕切る“最狂”女組長・鞍馬蘭子を演じる。

 自身とかけ離れた役どころ。「見た目のインパクトが一番大きいかなって思って衣装もヘアスタイルも結構派手な感じにしました」とヘアも地毛で挑んだ。「私もどんどん蘭子に変わっていく自分を見ててすごい楽しませてもらいました」と回顧した。

 この日はカードを引き、そこに書かれた質問に回答する企画も行われた。「人生で一番の大きな賭け、ギャンブルは?」と言うカートを引き当てた白石は「やっぱりこの業界に入ったきっかけだと思う」。

 高校生の時は保育士の勉強していたものの進路に迷ったなかで乃木坂46のオーディションに受け合格。そこで「頑張ってみようかなと思って一歩を踏み出したきっかけが大きかったですかね」と振り返った。

 そして「違う道に進んでいたら、全く別の人生歩んでたと思うので」とし「すごいいい道に来れてよかったなと思います」と今の道に誇りを持っていることを明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)