シンガーのAIが20日、都内で開催された「HEROsAWARD2021」に出席し、特別表彰を受けた。「ハピネス」「アルデバラン」のライブパフォーマンスを披露した。

 日本財団は、社会貢献活動に取り組むアスリートを表彰する「HEROsAWARD2021」を12月20日に都内で開催した。「HEROs AWARD」は、アスリートの社会貢献活動を推進することで、スポーツでつながる多くの人の関心や行動を生み出し、広げていくことを目的として日本財団が立ち上げた「HEROs ~Sportsmanship for the future~」プロジェクト(以下、「HEROs」)の柱のひとつ。

 中田英寿さん、安藤美姫さんらHEROsアンバサダーや、水谷隼選手(卓球)、田中希実選手(陸上)ら2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会出場アスリートなど錚々たる出席者が見守る中行われた表彰式では、競技場の外でも社会のためにスポーツマンシップを発揮した選手やチーム・団体として村田兆治さん(男性部門)、寺田明日香さん(女性部門)、千葉ジェッツふなばし(チーム・リーグ部門)の3組が、さらに特別表彰として歌手のAIが表彰を受けた。

 アスリート同様、幅広いフィールドで社会貢献に尽力しているアーティストとして特別表彰を受賞したAIは、DJのパフォーマンスでボルテージが最高潮に達した会場へ、紺色をベースに赤いドット柄をあしらったスーツスタイルで登場。披露した曲「ハピネス」では、受賞者の方々と音楽に合わせて一緒に手を振り、会場は一体となって盛り上がりを見せた。最後に披露した「アルデバラン」では、聞く人の心に沁みる歌詞を、力強く歌いあげる圧巻のパフォーマンスを披露し、会場全体から盛大な拍手が送られた。

AI

 トロフィー授与でプレゼンターを務めた日本財団常務理事、笹川順平氏は「今回表彰をさせていただき、アスリート とエンターテイメントの世界、社会貢献という同じ切り口でどういう化学反応が起きるのか、私としては非常に楽しみにしております。これから日本財団としても AI さんのような社会に向けて大活躍されている方々を表彰させていただきたいと思っております。」とAIさんの取り組みを讃えました。トロフィーを受けとったAIさんは「このような賞を私がもらう機会はなかなかないので本当に嬉しいです。この賞に恥じないように生きていきたいと思います。みな さま本当にありがとうございます。」と喜びを表現し、感謝を述べた。

AI

AIコメント

 皆様の前で歌うことに緊張しています。こんな素敵な場所にいれてすごく幸せですし、アスリートのみなさんに本当 にたくさんパワーをもらっていて、私もみなさんの取り組みを見て書いた曲がたくさんあります。今日はこの場にい れて本当に嬉しいです。本当にありがとうございます!

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)