深田恭子

 深田恭子・瀬戸康史・小沢真珠・栗原類・小畑乃々が10日、都内で行われた映画『劇場版 ルパンの娘』(15日公開)公開直前イベントに登壇。三雲華を演じた深田は、その幼少期を演じた小畑乃々のしっかりとした姿に心を奪われている様子だった。

 代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(演・深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(演・瀬戸康史)の禁断の恋を描いた『ルパンの娘』の劇場版。最後の仕事のために、異国の地・ディーベンブルク王国へ向かった彼らだったが、謎の敵“JOKER”に嵌められ一族崩壊のピンチに。一族の娘・華は、もう一人のLの一族・玲(観月ありさ)の存在、さらには自身の出生の秘密を知ることになる。

 深田は「私たちが台本を読んでいるよりも完成した映画は想像がつかないようなシーンもありましたし、涙あり笑いあり、家族愛あり盛りだくさんです」と紹介。この日ともに登壇した華の幼少期を演じた小畑乃々がしっかりとした口調で見どころを紹介すると深田は「心を盗まれました」。更に「乃々ちゃんになりたい。しっかりしているところやかわいらしさや、乃々ちゃんすべてを盗みたい」とほほ笑んだ。

 この日は、10月10日を「てんとう虫の日」に“盗”録(登録)されたことを報告。深田は「10月10日をね、頂いてしまいましたね」とおっとした口調で伝えた。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)