柏木由紀

 AKB48柏木由紀が、3日放送のテレビ東京系『主治医が見つかる診断所スペシャル』に出演。「脊髄空洞症」の疑いがあることが明らかになった。

 【動画】「脊髄空洞症」であることを報告する柏木由紀

 柏木は以前、神経が圧迫され手にしびれなどの症状が伴う手根管症候群を患ったことを明かしている。

 だが、同番組で診断した医師によれば、MRI画像からは脊髄に腫瘍らしきものがあり、それが原因で脊髄の中に空洞を作り液体が溜まっている状態で、手のしびれもこれが原因ではないかという。

 「脊髄空洞症」は、10万人に1人の難病だが早期発見。柏木は「まだ信じられない」と驚きを隠せないが、アイドルを続けるために治療を決意。今後は精密検査などを受けていくという。

 その後、自身のYouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」で、「脊髄空洞症」であることを公表。「命に別状ないですし、一刻を争う事態ではないです」とし「現状はめちゃくちゃ元気です」と伝えた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)