男子プロバスケットボールリーグの「B.LEAGUE」の公式テーマソングを手掛ける、FlowBackが、宇都選手(富山グラウジーズ)らが出演する、ソニーヘッドホンのWEBムービーの撮影現場にサプライズ訪問、選手に花束を手渡し激励した。

 WEBムービーは、ソニーの左右独立型ノイズキャンセリングヘッドホン「WF-SP700N」の新発売に伴い、制作されたもの。日本最高峰の男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」と初のタッグを組み、同リーグの宇都選手(富山グラウジーズ)、比江島選手(シーホース三河)、張本選手(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)が出演した。

撮影の様子

 歓声の鳴り響く会場。アクティブノイキャン・ワイヤレスヘッドホン「WF-SP700N」を装着した瞬間、選手も真剣な表情に。巧みなボールさばきを繰り広げる選手たち。ヘッドホンを装着した選手の耳元から尾を引くように伸びる「Yellow Line」が美しくそしてアクティブに、選手たちの軌跡を描く。

 慣れない現場に3人そろって緊張している様子の宇都選手、比江島選手、張本選手。しかしバスケットボールを手にすればさすがトップアスリート。軽々とダンクシュートを決める姿にはスタッフからも驚きと関心の声があがった。高身長かつ俊敏な彼らの動きにカメラマンがついていけず苦戦する場面も。

 撮影終了時には「B.LEAGUE」の公式テーマソングを手がかけるFlowBackが、サプライズ登場。選手以上に緊張しながらではあったものの、本ムービー使用楽曲で「B.LEAGUE 2017-18 SEASON公式テーマソング」となっている「BREAKOUT」のCDとお祝いの花束を、選手に手渡した。

選手に花束を渡すFlowBack

 宇都選手は「音楽を聴きながら、ダンクシュートをしたのは初めてでした!音楽のおかげか、いつも以上に軽々とできた気がしてすごく気持ちよかったです」、比江島選手は「撮影では実際にプレーするように結構激しく動きましたが、“WF-SP700N”はどんな動きにもフィットして画期的だと思いました」、張本選手は「トレーニングの際に使用していたこれまでのヘッドホンは、汗をかくと違和感があったりしていたので、 “WF-SP700N”は首周りが快適で、かつ防滴対応なのもすごく助かります」とそれぞれコメント。

 FlowBackは「試合よりも近い距離で選手のプレーを見るのは初めてで、ダイナミックなプレーに凄い迫力を感じました。音楽に合わせて、選手たちのプレーが一段階ギアアップするというか、連動してプレーのキレが上がったように感じました!」と語っている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)