天国にいるような気分

赤いドレスで妖艶に舞った桐嶋ノドカ

赤いドレスで妖艶に舞った桐嶋ノドカ

 赤い照明に照らされたステージで「風」を歌った。彼女から溢れ出る生命力がそのまま歌に乗り、会場がエネルギーに満ち、熱くなる。そのまま「世紀末のこども」へ。ピアノの音をバックに、桐嶋は語りかけるように歌い出す。サビで一転、重なるベース音、ギターの響きで盛り上がるサウンドの中、圧倒的な声量を存分に発揮する。畳み掛けるように、ゲーム音の様な印象的な電子音から始まる「柔らかな物体」を披露。活力が充電された観客から盛大な拍手喝采が湧き上がった。

 桐嶋は「なんか嬉しいですね。本当にこのステージに立ちたくなかったです。たくさんの人が来てくれて、嬉しいんですけど、リハーサルでは重い荷物を持ち上げるように感じていました。でも、本番になってステージに飛び出しみると、気持ちのいい、天国にいるような、気持ちになって良かった。ここまで突っ走って来ましたが、もうすぐ終わりです」とライブが終盤に差し掛かっていることを明かすと、観客からは「えー」と不満が漏れる。

 桐嶋は、初めてのライブからずっと歌い続けているという「ボーダーライン」を歌った。8ビートから始まるロックナンバーだ。そのまま「END」へ。桐嶋は、ステージを右に左に移動しながら、観客1人1人の顔を確かめるように笑顔で歌う。観客も笑顔で手拍子を送る。

 桐嶋は「皆さん、次で最後です、みんなで歌いましょう」と最後は「Wahの歌」を演奏。桐嶋が言葉にならない、心の叫びを表したという、“Wah〜”というフレーズを観客みんなで合唱。曲の終盤には、会場の上から無数の風船が降ってきた。それを会場に返しながら、桐嶋は本編を終え、ステージを去った。

才能の花が新たな実を結ぶ

生き生きと歌う桐嶋ノドカ

生き生きと歌う桐嶋ノドカ

 鳴り止まない拍手と供に、アンコールを求める手拍子が会場から巻き上がる。それに応える形で再び桐嶋が登場。歓声が上がった。桐嶋は「風船上手く拾えましたか? あら〜。アンコールでみんな風船を持ってるはずだったんですけど」と桐島が会場の床に落ちてしまった風船を見て、不満を漏らす。会場から笑いが起こり、和やかな雰囲気に。

 「私はデビューの少し前から、大阪のFM802で夕方の『RADIOMASTERS』で「歌う!のんちゃん!」という、月1でレギュラー番組を担当していたんですが、先週、卒業しまして。リスナーさんや共演者に感謝を込めて卒業ソングを作ったんです」と「坂の上から」を披露。切ないミドルテンポのメロディで、不安の中、前を見て踏み出す前向きな心情を歌った楽曲。桜の季節にピッタリな世界観に、観客はお花見気分を味わう。

 桐嶋は「あと一曲だけ歌いますね。今日、ひとつ区切りです。これから製作期間に入って、皆さんとはしばらくオサラバ。暑くなった頃にまた戻ってこれたらと思います。それまで私のこと忘れないで!」とこれから新作の製作に入ることを報告。

 「最後は、もし何か辛いことがあったら明日からはきっと、楽しくなるという皆さんへの祈りを込めた曲です」と、嫌なことも全て包み込むような優しいメロディと、語りかけるような桐嶋の歌唱が印象的な「Good night(ぐんない)」でツアーファイナルを締めた。最後に桐嶋は両手を広げて「どうもありがとうございました!みんな、お元気で!!」とステージを去った。観客は、散りゆく桜を惜しむ様にいつまでも拍手を送り続けていた。

 3年の間、地道にライブを重ね、全国ワンマンツアーも無事に終えた桐嶋。次にその咲き誇った彼女の才能がどの様に実を結び、新たな音楽の生命を産み出すのか、期待して待ちたい。(取材・松尾模糊)

セットリスト

「桐嶋ノドカ 1stワンマンライブツアー2016」
2016年 4月2日 東京・渋谷WWW

01.Bomb
02.スピード
03.キミのいない世界
04.恋愛小説
05.28時
06.Star Fishing
07.風
08.世紀末のこども
09.柔らかな物体
10.ボーダーライン
11.END
12.Wahの歌
ENCORE
en1.坂の上から
en2.Good night(ぐんない)

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)