松本若菜



 大泉洋、長尾謙杜(なにわ男子)、松本若菜、北村一輝、柄本明、堤真一、入江悠監督が11日、都内で行われた映画『室町無頼』(2025年1月17日公開)製作発表会見に登壇した。

 【動画】美しいデコルテが映えるドレスで会見に臨んだ松本若菜

 自らの力で時代を切り拓いた「無頼」たちを描いた垣根涼介氏による同名小説が原作。歴史に残された史料は少ないが、「無頼」たちは確かに実在し、腐りきった政治と世の中を叩き直そうと、命がけの戦いに挑んだ男たちの姿を描く。

 かつては道賢、今は兵衛の想い人である高級遊女の芳王子(ほおうじ)を演じる松本若菜。「昨年、撮影をしました。かなり寒かったりもしましたけど、その寒さを微塵も感じさせないような素晴らしい演者の皆様と入江監督と一緒に作り上げて、本日皆様の前に立てていることがすごく嬉しいです」と挨拶した。

 圧倒的なスケールで描かれる。松本のシーンは少人数での撮影で「爆発とか殺陣はなかったんですけど、監督は今回、風にこだわっていらっしゃったので、木々が揺れる音とか。そういうこだわりが大きなスケールに繋がっているので早く完成した作品を観たいですね」と感想。ただ巨大な扇風機に吹かれたようで「本当に聞こえないんですよ」と笑った。

 映画では2回目の共演となる大泉洋の座長ぶりを「その時も座長として誰に対しても変わらず大泉洋さんなんですよ」と称えるも大泉から「そりゃそうですよ。大泉ですから。人によってマイケル・ジャクソンになるとかないですから」と大泉節で返えされタジタジ。それでも「気遣いの方なんですけど、その気遣いを気付かせない方だなって。心で助けてもらってました」と改めて絶賛した。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)