長尾謙杜



 大泉洋、長尾謙杜(なにわ男子)、松本若菜、北村一輝、柄本明、堤真一、入江悠監督が11日、都内で行われた映画『室町無頼』(2025年1月17日公開)製作発表会見に登壇した。

 【動画】長尾謙杜のアクションを絶賛する大泉洋。撮影はほぼふんどし姿だったという

 自らの力で時代を切り拓いた「無頼」たちを描いた垣根涼介氏による同名小説が原作。歴史に残された史料は少ないが、「無頼」たちは確かに実在し、腐りきった政治と世の中を叩き直そうと、命がけの戦いに挑んだ男たちの姿を描く。

 長尾が演じるのは、天涯孤独の身で、自己流の棒術で生計を立てた極貧生活を送るも兵衛に出会い行動を共にする才蔵。「アクションなど沢山の新しいことに挑戦しました。大泉さん演じる兵衛殿にたくさん磨きをかけてもらいました。そして、人としても成長できた映画だなと感じております」と挨拶した。

 圧倒的なスケールで描かれる。「関所が爆発するシーンで、スタッフさんから『爆発が聞こえなかったなら手を振りますんで、それを見てリアクションを取ってください』って言われたんですけど、本番が始まると感じたことないくらいの大爆発で(笑)。ここまでやるのかっていうのが初日の撮影だったのでここからの撮影が楽しみになった一日でしたね」と振り返った。

 圧倒的なアクションも見せる。大泉洋は「長尾くんのアクション本当にすごいです。この映画はほとんど長尾くんの成長の物語なんですよ。東映は大泉さんの映画って言うけど、長尾君の映画ですよ!実際そうじゃない⁉俺はそう思っているよ。途中から腹立ってきてね(笑)。最初なんて長尾くんって分からないくらい汚いんだけど、どんどんカッコよくなってきて」と称えた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)