当時のエピソードを明かす菅田将暉



 役所広司、菅田将暉、森七菜、豊田裕大、坂井真紀、田中泯、成島出監督が5日、都内で行われた映画『銀河鉄道の父』(5月5日公開)完成披露試写会に登壇した。

 【動画】中学1年の時の衝撃エピソードを明かす菅田将暉

 本作は、宮沢賢治が「ダメ息子だった!」という視点を軸に、大量の宮沢賢治の資料の中から父・政次郎について書かれた資料をかき集め、家族愛を描いた小説「銀河鉄道の父」(門井慶喜著)を映画化。監督は『八日目の蟬』『いのちの停車場』の成島出監督。

 主演で宮沢賢治の父・政次郎を役所広司、長男・賢治を菅田将暉、賢治の妹・トシを森七菜、賢治の弟・清六を豊田裕大、母・イチを坂井真紀、祖父の喜助に田中泯と錚々たるキャストが集結。無名だった宮沢賢治がどんな人生を歩もうと支え続けた父と家族の愛と情熱が描かれる。

 本作が「親バカ」と「バカ息子」がテーマになっていることから、自分がバカだと感じたエピソードを明かすことに。菅田は中学1年生の時のエピソードを紹介して会場を驚かせた。それによると、理科室でピンセットで遊んでいた所、たまたまコンセントにハマり、ショートして学校が停電したようだ。5分後に電気は回復したそうだが、「何が起きたのか分からなくなって泣いて、放心状態。その時にコンセントにピンセットをさしたらいけないという事を学びました」と振り返った。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)