広瀬すず、横浜流星が出演する、お正月の風物詩ともなっているTVCM「お正月を写そう♪」シリーズ(富士フイルム)の新CM「お正月を写そう♪2023 チェキ・村神様と初詣」篇が29日から全国で放映開始される。今年日本人選手シーズン最多記録となる56号本塁打を放ち史上最年少の三冠王に輝いた、東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手も登場する。

 【動画】「お正月を写そう♪2023 チェキ・村神様と初詣」篇(メイキング&インタビュー)

 お正月にふさわしい艶やかな晴れ着姿の広瀬、神社のご本尊に扮した“村神様”こと村上選手、羽織袴できめた横浜それぞれが、スマホプリンター”チェキ”「INSTAX SQUARE Link」で、画像にチャットのメッセージを重ね合わせてチェキプリントにして楽しむというストーリー。メッセージ付きチェキプリントを作成しながら、離れた相手ともタイムリーでリアルな繋がりを楽しむ3人の様子を通じて、同商品の魅力を紹介する。

初対面の村上選手の迫力に広瀬も驚がく

 朝から青空が広がる、絶好のロケ日和となった撮影当日、広瀬は赤地に紅白の牡丹をあしらった艶やかな晴れ着姿で、村上選手は東京ヤクルトスワローズのユニフォーム姿で登場。188センチ、97キロの村上選手を前にして、まずは「大人と子どもみたい」と言って目を丸くした広瀬。バットを手にした村上選手が間近でウォーミングアップを兼ねた素振りを始めると、その驚きはさらに大きくなっていた。神社の境内に響き渡るものすごい風切り音を聞きつけたスタッフも続々と集まってくるなど、日本プロ野球界が誇る若きスーパースターのパフォーマンスに誰もが目を輝かせていた。

「お正月を写そう♪2023 チェキ・村神様と初詣」篇

村上選手の迫力に動じない広瀬の華麗な投球フォームで見事一発OK

 境内でバットを構える村上選手に向かって、広瀬が「幸せ」と描かれたボールを投げるシーン。投げる直前、右手で握ったボールをカメラに突き出してアピールするカットでは、画面中央にきっちりボールを収めたい監督から「もう少し下」「あとちょっと左」と細か過ぎる指示が次々と飛び出した。それに対して、「わかりません(笑)。でも、やってみます!」と応じた広瀬だが、本番開始早々、監督の求める位置にきっちりボールを突き出してみせると、続く投球シーンでも「豪速球を投げるイメージで」というリクエストを受けて、パーフェクトなアクションを披露。監督から見事一発OKをもらうと、思わず「イェーイ!」とガッツポーズを繰り出し、周囲の拍手に笑顔で応える場面があった。

「お正月を写そう♪2023 チェキ・村神様と初詣」篇

富士山に届けとばかりの村上選手の豪快なスイングに視線釘付け!

 広瀬が投げたボールを村上選手がバットで打ち返すシーンでは、ファーストテイクから豪快なスイングを披露。目の前で見るスイングは圧倒的かつ迫力満点。その場面を振り返った村上選手によると、実は最初は気合いが入りすぎてやや力んでしまったのだとか。さすがの“村神様”も、すぐ目の前に広瀬、すぐ後ろにカメラ、そして周りを大勢のスタッフが囲む不慣れなシチュエーションに、少しばかり緊張していたことを明かしていたが、「シーズン中に比べて、どれぐらいの力で振ったんですか?」という質問に、村上選手が「2割ぐらいだと思います」と答えると、再び現場に大きなどよめきが起こった。

著名な職人の指導のもと、横浜が人生初の餅つきを体験!

 撮影当日、餅つきで有名な奈良の和菓子店「中谷堂」の職人がこね手役で参加し、つき手役の横浜をサポート。今回、餅つき初体験の横浜は早速職人のお手本を見ながら指導を受けると、初回から職人さんと息を合わせて28回の餅つきを披露。さらに、プレイバックで改善点をチェックし、アドバイスを受けると、次のテイクはますますリズムと安定感が良くなり、38回ついたところで監督のOKが出た。また、休憩中はエキストラの子ども達と一緒に、餅つき遊びに興じていた横浜。杵を手にした男の子のそばにしゃがんで、自らこね手を買って出ると、「よっ、ほっ」「ハイ、ハイ」「上手い、上手い」などとやさしく声を掛けながら餅つきを楽しんでいた。

「お正月を写そう♪2023 チェキ・村神様と初詣」篇

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)