横浜流星にボディブローを入れる佐藤浩市



 佐藤浩市、横浜流星、橋本環奈、山口智子、哀川翔、小澤征悦、瀬々敬久監督が25日、都内で行われた映画『春に散る』初日舞台挨拶に登壇した。

 【動画】横浜流星に不意打ちボディブローを入れる佐藤浩市(フォトセッションの様子)

 沢木耕太郎氏の同名小説が原作。不公平な判定で負けアメリカへ渡り40年振りに帰国した元ボクサーの広岡仁一(佐藤浩市)と、偶然飲み屋で出会い同じく不公平な判定で負けて心が折れていたボクサーの黒木翔吾(横浜流星)が共に世界チャンピオンを目指し“命を懸けた”戦いの舞台へと挑んでいく姿を描く。

 トレーナーとボクサーの師弟関係を演じた佐藤と横浜。これまでの舞台挨拶では、親子関係にも似た信頼関係があったと語っていた。思い入れも強く、プロモーション活動も積極的に行ってきたとも明かしていた。その作品が無事初日を迎え感無量の様子の佐藤。

 フォトセッションでは、カメラマンの要望にファイティングポーズをとった後、横浜に不意打ちのボディブロー。「おおおおお!」と驚く横浜をよそに笑顔の佐藤。封切し作品が旅立つ喜びとともにプロモーションにもひとまずの区切りとなり共演者との“別れ”に寂しさを抱いているようにも見える一コマだった。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)