Monthly Winter Release “冬の大三角形“ と題し、新たな3楽曲を11月、12月、1月の冬のシーズンに、New Digital Singleとしてマンスリーでリリースする、神はサイコロを振らない。マンスリーリリースの第一弾となる楽曲「キラキラ」を11月25日にDigital Release。

 その楽曲「キラキラ」が、日本テレビ系“新型ゲームバラエティ”「スカウトモンスターズ」のテーマソングに決定し、さらに柳田が自身のキャリアとして初めて、番組内の「アタック音」や「BGM」を手掛け、音楽監修も手掛けている。

 「スカウトモンスターズ」は街に潜む「モンスター級素人」を制限時間内にスカウトし、図鑑に記載されたモンスター級素人たちのコンプリートを目指す“スカウトゲームバラエティー”。ゲームの世界に入り込んでしまったパンサー向井が脱出を懸けてゲームに挑戦。ゲームのプレイヤーとして向井は、各地に散らばった3体の個性豊かなスカウトマンを使用し中継で指示を出しながら、3時間以内にゲームのクリアを目指す、「子供心を忘れないワクワクするゲーム」というコンセプトの番組となっている。

 11月、12月、1月の冬のシーズンに、Monthly Winter Release “冬の大三角形“と題して、3楽曲をマンスリーでリリースし、第一弾「キラキラ」を11月25日にDigital Releaseする、神はサイコロを振らない。TikTokで先行配信され、歌詞にもある「全力」にちなんで、晴天の青空の中、メンバーが全力でスポーツを楽しんでいたり、青春時代を思い出しながら収録した神サイ学園のコンテンツなど、TikTokオフィシャルアカウントなどからアップされ注目を集めている。

【柳田周作 番組音楽制作コメント】

子供心を忘れないワクワクするゲーム感覚のバラエティー番組。向き合って頂いた番組スタッフの皆さんも自分のいっこ上だったり、近い歳だったりで、同世代のチームと感覚が近い中で制作に取り組めました。

テーマソングの「キラキラ」に相反して、BGMやアタックは8-bitの音を軸にしています。「ゲームミュージックを作る」というテーマは、初体験だったのでかなり勉強して制作に当たりましたが、何より面白かったし、引き出しも増えたので良い経験になりましたね。

スタジオのバーチャルセットや音楽で僕ら世代のゲーマー達が、懐かしく感じてくれることを期待してます。

ねおが「キラキラダンス」を公開

 Z世代の圧倒的な支持を集めているSNS総フォロワー数430万人“ねお”が「スカウトモンスターズ」のナレーションでの出演を決定し、初めてバラエティー番組のナレーターに挑戦する。そして、ねおが今回番組のコンセプトとも共感しつつ、神はサイコロを振らないが作曲したテーマソング「キラキラ」を使い、ねおがTikTokでダンスを作成。音楽にあわせて振り付けをしながら口パクをする『リップシンク女王』として人気を集めているねおが「キラキラダンス」を公開した。

ねお

【ねおコメント】

 キラキラした青春の気持ちを改めて感じられるような素敵な楽曲で、このキラキラさを振り付けで再現出来るように頑張ります!『神はサイコロを振らない』さんの楽曲をずっと聴いていたので、こんな素敵な形でご一緒できる事を嬉しく思います!!!!

【柳田周作 コメント】

 ねおさんの「キラキラダンス」拝見させてもらいました。若さ、エネルギー、可愛さがエクスプロージョンしてて、大変キラキラしてますね。踊ってくれてありがとうございます!ちなみにパーカーの蝶々結び、僕のマネですよね?笑

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)