アンコールでは千葉恵里をセンターに「久しぶりのリップグロス」を披露した(撮影・木村武雄)

 AKB48の日本武道館公演3DAYS『MX祭り!AKB48 60th Single『久しぶりのリップグロス』発売記念コンサートin武道館2022 』が7日、幕を開けた。初日となったこの日は、今年2月に行われる予定だった新チームお披露目公演のリベンジ公演。それぞれ特色のあるパフォーマンスで盛り上げた。

 幕開けを飾ったのは、新チームキャプテンの向井地美音・田口愛佳・浅井七海・倉野尾成美ら16人による「Beginner」。オープニングでは「臆病なナマケモノ」「Loss of time」「ヤラカソウ」「アンジー」と、59thシングル「元カレです」に収録されている各チーム楽曲4曲を披露。さらに総勢64人で「元カレです」を披露。本田仁美をセンターに圧巻のダンスパフォーマンスで魅了した。

 向井地が「日本武道館という素晴らしい場所に立たせていただけることが本当に幸せだなと思います」と感謝の思いを伝えたあと、AKB48コンサート初出演となる17期研究生がステージに登場。60thシングル「久しぶりのリップグロス」で研究生ながら選抜メンバーに大抜擢された佐藤綺星が少し緊張した面持ちで「17期研究生初のオリジナル楽曲を披露させていただきます」と「久しぶりのリップグロス」収録曲「Wonderful Love」を初披露。更に「Seventeen」をフレッシュに届けた。

17期生(撮影・木村武雄)

 ここからは再び新チームによるステージへ。キャプテンによるくじ引きで決めた登場順でトップバッターを飾ったのは、田口チームK。「街角のパーティー」などをエネルギッシュに披露。続いて登場した向井地チームAは「Hate」「重力シンパシー」といった緩急つけた華やかなパフォーマンスで魅了。浅井チームBは「B stars」などをキュートに披露して魅せ、倉野尾チーム4はアップテンポなナンバー「Get you!」や「初めての星」をダイナミックにパフォーマンスした。

 続くパートでは、キャプテンがテーマに沿ってチームメンバーを選抜し、チーム混合で7曲を披露した。「かわいい選抜」のテーマで登場した千葉恵里・山内瑞葵ら12にnは「完璧ぐ〜のね」を披露し、トロッコに乗り笑顔で“声援”に応えた。「セクシー選抜」の岡部麟・柏木由紀・武藤十夢ら12人は「シャワーの後だから」を妖艶な表情で歌い上げ、「イケメン選抜」の岡田奈々・大盛真歩・下尾みうら8人はクールなナンバー「プライオリティー」でイケメンぶりを発揮。本田仁美・小栗有以・村山彩希ら11人は「ダンス選抜」として「NO WAY MAN」を気迫あるパフォーマンスで釘付けにさせた。

色気全開、込山、岡部、岩立(撮影・木村武雄)

 終盤には、コンサート前に実施された「センター争奪!VR映像コンテスト」で1位となった長友彩海がセンターを務め「ヘビーローテーション」を披露。続けて「久しぶりのリップグロス」選抜メンバー16人で「大声ダイヤモンド」「RUN RUN RUN」をパフォーマンス。さらにAKB48の代表曲「ポニーテールとシュシュ」「言い訳Maybe」を畳みかけ、58thシングル「根も葉もRumor」の踊ってみた動画でYouTubeでも注目を集めたKENZO(DA PUMP)がサプライズ登場。

 「共演が楽しみすぎて今朝5時から公園で踊ってきました!」と気合十分のKENZOとともに、総勢66人でフルサイズの「根も葉もRumor」をパフォーマンス。ところどころにDA PUMP楽曲「U.S.A.」のいいねダンスを取り入れながら、観客もどよめくほど大迫力のダンスで本編を締めくくった。

山根を先頭に(撮影・木村武雄)

 アンコールでは「久しぶりのリップグロス」に収録される、SHOWROOM選抜楽曲「Sugar night」と 1st Generation楽曲「運命の歌」をコンサート初披露。各チームキャプテンがコンサートを振り返り、倉野尾は「2月にやる予定で中止になってもう出来なのかなって諦めかけていたけど、こうして皆さんの前でパフォーマンスができて感極まりました。大満足です」。浅井は「チームBメンバーが全員揃って“チームB”として活動するのは、今日が本当の初日だと思うので、こんなにたくさんの方に観ていただけて嬉しいです」。田口は「みなさんが温かくペンライトカラーをチームごとに変えて振ってくれたので、本当に嬉しかったです。きょうからが本当のスタート。これからも各チーム期待して欲しい」。向井地は「チームはメンバーの居場所でもあるし支えでもある。武道館でこうしてそろってお披露目できたことが嬉しいです。これからも応援をよろしくおねがいします」と感謝を伝えた。

大西、下尾、倉野尾、小栗、本田

 ここで、スクリーンに「大切なお知らせ」という文字が。チーム8の軌跡を振り返る映像が流れ始め、2014年4月3日の結成から今年で8周年を迎えたチーム8が、2023年4月に開催予定の「チーム8コンサート」および、AKB48劇場「チーム8 9周年公演」をもって活動休止となることが発表された。倉野尾は「いつかこういう日が来るんじゃないかなってどこかで思っていたので…休止ですし、チーム8が終わるわけではないと私は思うし、休止してもみんな仲間だし…これからもチーム8のことをみなさんはどこかで考えてくださったら…って思います」と大粒の涙を流しながら言葉を絞り出し、小栗は「映像を観ると今までの記憶が蘇ってきますし、チーム8だからこそみんなで頑張ってこれたんだなと改めて感じます。チーム8メンバーはこれからも心の中ではみんな一緒にいて、全員で一致団結して前向きにAKB48を盛り上げていきます」と熱い想いを話した。向井地も「チーム8って本当にすごいなって思って…」と感極まって言葉を詰まらせながらも「チーム8がいなかったら今のAKB48は成立していないと思います。兼任先のチームでの活動はこれからも続いていくので、AKB48はもっともっと一つになって頑張っていきます」と力強く語ると、会場からは大きな拍手が起こった。

 最後は最新曲「久しぶりのリップグロス」を千葉恵里センターに全員で披露し、大盛況のうちに幕を閉じた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)