©AKB48



 AKB48の本田仁美が26日、パシフィコ横浜国立大ホールでアイドル人生の集大成を飾るコンサート『本田仁美卒業コンサート ~夢と希望に満ちた道~』を開催した。元HKT48・IZ*ONEメンバーの矢吹奈子も駆けつけた。

 【動画】AKB48本田仁美、卒コンのもよう(卒業スピーチも)

 2014年に「AKB48 チーム8 全国一斉オーディション」に合格し、栃木県代表メンバーとして12歳でAKB48に加入し10年。2018年には日韓共同プロジェクト「PRODUCE48」の最終オーディションに合格し、約2年半にわたりIZ*ONEのメンバーとして日韓を中心に活動。AKB48の活動再開後には59thシングル『元カレです』、61stシングル『どうしても君が好きだ』2作のセンターを務めるなど、AKB48の中心メンバーとして活躍してきた本田仁美。メンバーの振付や動きを細部までチェックして指導することから“本田警察”と呼ばれ、IZ*ONEで培ったダンススキルと何事にもストイックに取り組む姿勢で、AKB48のパフォーマンス力を底上げする存在としてグループを牽引してきた。

本田仁美

©AKB48

 そんな彼女の卒業コンサートは、本田らしいダンスナンバー中心のセットリストで、彼女の真骨頂とも言える多彩なダンスの表現力が光った卒業コンサートとなった。まずは2021年にAKB48復帰後初のコンサートで披露した楽曲『涙の表面張力』で幕開け。圧巻のソロパフォーマンスでファンの視線を釘付けにすると、表題曲で初選抜入りを果たした楽曲『NO WAY MAN』、初センターを務めた楽曲『元カレです』、2作目のセンターを務めた『どうしても君が好きだ』など思い入れの強い楽曲でオープニングを飾った。怒涛のダンスナンバーで早くも熱い盛り上がりを見せる中、冒頭のMCで本田は「10 年間の感謝を込めてパフォーマンスをお届けします!」と挨拶。向井地美音は「ひぃちゃんが韓国から帰ってきた時、気づいたらビッグスターになっていたので、後輩なんだけど緊張してめっちゃ敬語で話してました(笑)選抜で一緒に活動するようになって仲良くなれたんですけど、やっぱり“本田警察”が怖すぎて私は忘れられないです(笑)」と本田との思い出を振り返り、『元カレです』の Music Video 撮影の時にも捕まったことを明かした。

本田仁美

©AKB48

 続くユニットパートでは、大盛真歩・千葉恵里と『ハート型ウイルス』を披露し、あざとい笑顔でファンを魅了。倉野尾成美・下尾みう・村山彩希・山内瑞葵とは『思い出以上』をしなやかなダンスで魅せ、柏木由紀・向井地とは『抱きしめられたら』を妖艶な表情で披露。ダンスブレイクを織り交ぜながらステージは展開していき、岡部 麟・小栗有以・村山とは『She's gone』を情感豊かにパフォーマンス。本田と特に仲が良いことで知られる小田えりなとはデュエットで『この涙を君に捧ぐ』を歌唱。互いに目を潤ませながら、チーム 8 で共に過ごしてきた思い出を辿るように大事に歌い上げた。

本田仁美

©AKB48

 するとここで、矢吹奈子がサプライズで登場。2人のために用意されたシンメトリーの衣装に身を包み、48グループ・乃木坂46・欅坂46・IZ*ONEメンバーで結成されたユニット「IZ4648」の楽曲『必然性』を披露。“ひぃなこ”の愛称でも親しまれている元IZ*ONEコンビの息の合ったパフォーマンスに、会場はこの日1番の大歓声に包まれた。昨年4月に同会場で卒業コンサートを行った矢吹は「ひぃちゃんの卒コンに来れて嬉しいです!私もこのステージで卒業コンサートをさせていただいたので、踊るのは10カ月ぶりぐらいかな?もうね、1曲で辛いかも(笑)みなさん、今日は瞬きもあまりしない方がいいかもしれないです。ひぃちゃんを全部見逃さないように楽しんで帰ってください〜!」とにこやかに呼びかけ、颯爽とステージを後にした。

 中盤には、『永遠より続くように』『唇にBe My Baby』を弾ける笑顔でパフォーマンス。倉野尾が「ここで素敵なビデオメッセージをご紹介します!」と注目を集めると、スクリーンに卒業生メンバーの川栄李奈・野呂佳代・小嶋陽菜から寄せられたコメント映像が流れた。本田が“憧れの先輩”と慕う川栄は「(IZ*ONEで)韓国に行って大変なはずなのに生き生きとしていて、テレビで観るたびに嬉しかったです。そして、AKB48に戻ってきてくれて、AKB48ファンとしてもすごく嬉しかったです。これから色んな悩みも葛藤もあると思うんですけど、ひぃちゃんらしく自分の夢に向かって頑張ってください!」とエールを贈り、テレビ番組での共演も多い野呂は「以前FNS歌謡祭で『根も葉もRumor』を一緒に踊らせてもらった時のリーダーシップがすごく忘れられなくて、とっても素敵な子だなと思いました」とコメント。同じ事務所の先輩でもある小嶋は「私がプロデュースしてるHer lip toのイベントにいつも手土産を持って来てくれて、若いのに本当にすごいなっていつも関心してるんですけど、手土産のセンスも良くて、普段からすごいリサーチとか自分で動いて行動するみたいなのをかなり努力してるんじゃないかなって思います」と本田とのエピソードを紹介しつつ「そうやってたくさんの努力をしてきたからこそ、たくさん楽しいことがあると思うので、これからも活躍を楽しみにしています」と温かい言葉を贈った。

本田仁美

©AKB48

 サプライズは続き、お笑いコンビのインディアンス・ニューヨークの2組がステージに登場!「めちゃくちゃかっこよかった!」「最高!」と口々に大絶賛し、インディアンスの2人は「(ユニットパートの)早着替えがすごすぎて!」「早着替えってあんなに早いんや(笑)」と興奮気味にコメント。そんな中、ニューヨークの屋敷裕政が「最初呼んでもらった時はただただ嬉しかったんやけど、コンサート観とるうちに4人震えてきて。こんな素晴らしいコンサートの中盤に俺ら出て大丈夫!?」と今の心境を明かすと会場も思わず笑いに包まれた。本田と共演しているTBSの番組『ラヴィット!』でお馴染みの“とんちんかんトリオ”のネタも披露し、ファンを楽しませた。

本田仁美

©AKB48

 終盤に差し掛かると『Make noise』『僕たちは戦わない』というクールなダンスナンバーで会場の空気を一変。さらに『言い訳Maybe』や初代チーム8メンバー9人による『夢へのルート』など思い出の楽曲をたたみかけると、場内のボルテージも最高潮に。エンディングでは、本コンサートにお手伝いメンバーとして参加していた18期研究生の秋山由奈が「大好きな本田仁美さんの最後の大きなステージにご一緒できて本当に嬉しいです!」と語り、成田香姫奈が「私は後輩でいれた期間よりファンでいた期間の方がはるかに長いんですけど、こうして最後に一緒にステージに立てる機会をくださって本当に感謝しています」と堂々とコメントする一幕も。本田のストイックな背中に憧れてきた後輩からの言葉に、本田も「2人はリハの期間にすごい上達が見えて、何曲も急遽覚えてもらいました。心強い後輩がいて、これからのAKB48はものすごく安心です!」と嬉しそうな表情を見せた。そして『スクラップ&ビルド』で明るく本編を締めくくりました。

本田仁美

©AKB48

 アンコールでは、本田が歩んだ10年間のアイドル人生を振り返る軌跡映像が流れ、きらきらと輝く水色と白の卒業ドレスに身を包んだ本人がステージに登場。同郷の先輩・大島優子のソロ曲である『泣きながら微笑んで』を歌い上げ、こみ上げる熱い想いを歌声にのせて届けた。

 卒業スピーチでは「私はAKB48に加入した10年前、AKB48 チーム8という新しい土壌に種を植えてもらいました。地元の栃木県から毎週新幹線で東京に通って、さまざまな活動を通して貴重な経験をさせていただき、すべてが学びの毎日でした。ですが、なかなか握手会の数が伸びなかったり、一緒に頑張ってきた同期のメンバーがどんどん選抜メンバーに選ばれるようになって、種から小さな芽を出したものの、その芽は伸びず、それでも応援してくださるファンのみなさんの期待に応えられない申し訳なさで自分に自信を失ってしまったこともありました。でもみなさんは、ずっと変わらず私を信じてくださり、温かい日差しになってくださり、応援という栄養を与え続けてくれました。みなさんが降り注いでくださったたくさんの栄養のおかげで、私はまた大きな一歩を踏み出すことができ、小さかった芽はつぼみをつけ、花を咲かせることができ、そして今日を迎えられたと思っています。辛くて悔しくてたくさんの涙で前が見えなかった日もあったけど、今日私の目にはきらきら輝く夢と希望の光で溢れています。こんなにも素敵な景色の中で、世界にたったひとつの美しいドレスをまとい、大好きな人たちに卒業を見送ってもらえる私は本当に世界一の幸せ者です。そして、ファンのみなさんとともに、未熟な私を見守ってくださり、たくさんの愛を注ぎ、育ててくださった秋元先生をはじめ、スタッフのみなさん・大切な家族やお友達・共演者の方々など、お世話になったすべての方々に感謝を伝えたいです。私は明後日の劇場公演をもってAKB48を卒業しますが、私のアイドルとしての原点がAKB48であることは、これからも一生変わることはありません。秋元先生が紡ぎ出す唯一無二の世界観で、メンバーたちとパフォーマンスができた誇りと思い出を胸に、また新たな道を歩んで行こうと思います。私にはまだ叶えたい夢があります。秋元先生からも“本田の人生なんだから好きなことをしなさい”と背中を押していただきました。卒業発表をして約半年間、今後についてたくさん悩み考えたのですが、今日のステージを通しても思ったんですけど、やっぱり私はこうして歌って踊って、こうしてみなさんからの応援を受けることに幸せを感じて、一番大好きなことなんだなって思いました。挑戦することは怖いことでもあるけど、ほんの少しの勇気で想像もできないほど美しくて広い世界がたくさん見られるということをみなさんが教えてくださいました。だから卒業後も、みなさんの力で咲かせてくださったこの花を枯れさせたくないです。そのために卒業後は、少しだけ充電期間とお休みをいただきたいと思っています。ですが充電後は、また新たな本田仁美をお見せすることを絶対に約束しますので、少しの間だけ待っていてくださると嬉しいです。今日までの10年間、どんなときも味方でいてくれて、私の夢と希望でいてくださって本当にありがとうございました!」と一言一言に力を込めて語った。また、海外のファンに向けて韓国語と中国語でも感謝を伝えた。

本田仁美

©AKB48

 クライマックスでは、全員で『ジワるDAYS』『タンポポの決心』を熱唱。向井地は「普段のコンサートとはまた全然違って、ダンス曲が多いひぃちゃんらしさが出たコンサートで、みんなでリハーサルをストイックに頑張ってきました。このコンサートだけじゃなく、ひぃちゃんが戻ってきてくれてから、AKB48に新しい風をたくさん吹かせてくれて、AKB48を変えてくれた大きな存在だと思います。今日はその集大成をひぃちゃんだけじゃなくて、私たちも見せられた気がします」と本田への想いをまっすぐに伝えた。

本田仁美

©AKB48

 そしてフィナーレを飾ったのは、本田の中で一番思い入れが強いという楽曲『どうしても君が好きだ』。オープニングでも披露した同曲を「ファンの方やメンバーに最後にもう一度“好き”の気持ちを伝えたい」という想いを込めてフルサイズでパフォーマンス。ファンから「好きだ〜!」の大コールを浴びながら、メンバー全員と笑顔でハイタッチをかわしていった。最後に「今日は私の人生でも最高に忘れられない幸せな1日になりました!本当に楽しかったです!みなさん大好きです!ありがとうございましたー!!」と心からの愛を叫び、コンサートは終幕。いつまでも鳴り止まない拍手は、夢と希望に満ちた未来に向けて新たな一歩を踏み出した本田を優しく後押した。なお、本田仁美の卒業公演は1月28日にAKB48劇場で行う予定。

本田仁美

©AKB48

Photos
本田仁美
本田仁美
本田仁美
本田仁美
本田仁美
本田仁美
本田仁美
本田仁美
本田仁美

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)