小芝風花

 小芝風花、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、黒羽麻璃央、木村ひさし監督が28日、都内で行われた映画『貞子DX』(10月28日公開)完成披露試写会に登壇した。

 「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」という“呪いのビデオ”の恐怖を描いたホラーの最新作。現代社会に合わせ、SNSで“拡散”される貞子の呪いと、“呪いの方程式”を解明しようとする主人公たちの対決を描く。

 貞子の呪いに立ち向かうIQ200の天才大学院生の一条文華を演じるのは小芝風花。本格ホラーは初挑戦。「いろんな方が代々やられてきた有名な作品にキャスティングして頂けるのは本当に光栄です」

 ただ「怖いのは苦手」という。

 小芝「小さい頃に『リング』を見てトラウマになって、一人でトイレに行けなくなるぐらい怖い印象があって。なので撮影中は呪われないようにしようと(笑)」

 結果は…?

 小芝「掛け合いがポップで撮影現場は和気あいあいとしていたので除霊は大丈夫そうでした(笑)」

 一条文華を演じるにあたっては細かい演出があったという。その一つに首元のツボを押さえる仕草がある。

 小芝「台本には書いてなくて、現場で監督が『やる?』と。冗談だと思ったら『本当にやるんだよ』って。文華の印象的な動きで、ツボを押して血行を良くして頭の回転を良くするという設定なんですけど、自分でもよく分からなくて何をやっているんだろうって(笑)。監督のこだわりがあってカット数も多かったです(笑)」

 そんな小芝。この日は、首回りと背中が大胆に開いたワンショルダーのコーデで登壇した。デコルテが美しく映え、肩甲骨が際立つ美背中。トーンを落としながらも胸元にはゴールドがあしらわれ、かつ大胆な肌見せというエレガントな大人コーデで魅了した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)