茂木忍

 AKB48の茂木忍が21日放送の日本テレビ系バラエティ番組『上田と女が吠える夜』(水曜よる9時)に出演。スタジオの笑いを誘うなど爪痕を残した。※ネタバレを含みます。

 涙腺がもろいゲスト陣の一人として茂木は登場した。まず、MCの上田晋也から涙もろいかと尋ねられ「涙もろくなりました」とし、「そんな歳じゃないでしょ?」と突っ込まれ「25歳です」とひと笑い。

 その後、先輩でOGの高橋みなみのトークにも参加。峯岸みなみの卒業コンサートではリハーサルから号泣していたものの本番で泣けなかったと高橋が自虐。これに峯岸が手紙を寄せて涙もろさは「大人に利用されていたと思う」と告白。これを受けて上田が茂木に「大人に利用されていた?」と聞くと「だいぶ便利だったと思います」と返して笑いを誘った。

 他のゲストにも絶妙なワードで相槌を打つ茂木。そんな彼女の山場はたかみなとのエピソードで訪れた。

 「たかみなを頼りにしていたところはある?」と聞かれた茂木は「研究生時代に『腐らなかったら報われるよ』と言われて素敵な方だなって思いました」と尊敬の念を見せた。が、「でもその時は私、腐りかけだったので『神7に何が分かるの?』って思っていました」とまさかの手のひら返しに、上田も「結局ディスっているじゃん!」と笑った。

 さらに、「後輩にダメ出しされて泣く」という茂木自身のエピソードでは「ボイトレをしていた時、私が最年長で後輩が5人いて。それで先生に『声出しづらいので裏声にした方がいいいですか?』と聞いたら後輩に『茂木さんは出せません』と言われて悔しくて泣きたくて…」と悔やんだ。

 そのうえで、「私の世代は、何があっても先輩は神様で人気がなかろうと可愛くなかろうと…」とここで、上田から「全然リスペクトしていないじゃん!」とツッコまれ、にやけながら「先輩には絶対に言えないのに時代は変わるんだなって。粗相したら何かの圧力で消される」と爆笑を誘った。

 そんな茂木の活躍ぶりに番組を観たファンからは「安定の面白さ」「めっちゃ笑った」「単独でテレビに出てて感動」などのコメントがSNSに寄せられた。放送中にはジャンル別で茂木の名前がトレンド入りした。

 茂木自身は放送後にツイッターに「たかみなさん、そしてファンのみなさま、数々のご無礼をお許しください…」と寄せた。

 13期生の茂木は、10月19日リリースのAKB48・60枚目シングル「久しぶりのリップグロス」で自身初の選抜メンバーに選ばれた。トーク力があり、ポッと出すワードのセンスがいいとメンバーのみならずファンの間でも知られており、これまでもAKB48関連のイベントや番組などで笑いをとってきた。AKB48のなかでは「楽屋番長」の異名もとっている。今回、バラエティ番組でしっかりと爪痕を残した茂木。今後、バラエティ番組での活躍にも期待だ。

Photos

none...

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)