左から『北欧こじらせ日記』週末北欧部chika(世界文化社)、AKB48本田仁美(C)テレビ東京

 AKB48本田仁美が10月4日から放送される、テレビ東京ドラマ『北欧こじらせ日記』(毎週火曜日深夜0時30分~)で連続ドラマ初主演を務める。

 原案のコミックエッセイ『北欧こじらせ日記』(2022年2月刊行、世界文化社)は、幼い頃のサンタクロースへの想いに始まり、大学時代にフィンランドに一目惚れしフィンランド一色の暮らしをしている会社員が、フィンランドへ移住を志すまでを描いた物語。連続ドラマ初主演となる本田仁美を主演に迎え、海外生活の魅力をふんだんに取り入れた新たなライフスタイルドラマとして、映像化が実現した。

 発売されるやいなや大手書店週間売上ランキング1位、『王様のブランチ』ブックランキング1位(2022年2月26日放送)に選ばれるなど、話題沸騰の本作。8月25日に発売された、続編『北欧こじらせ日記 移住決定編』が、同ブックランキング3位(2022年9月3日放送)、さらに発売3日で重版が決定するなど前作に続き、大きな反響を呼んでいる。

 東京の旅行代理店で働く縞子(本田仁美)は、北欧が大好きで、一人暮らしの小さなアパートで北欧の雑貨、食べ物、音楽など、フィンランドを感じることができるアイテムに囲まれて暮らしている。あることがきっかけで仕事、大学時代からの彼氏との曖昧な関係に悩みつつも、大好きなフィンランドへの想いを膨らませ、不器用な縞子の人生がちょっとずつ動き出していく…。

コメント

大鳥縞子役:本田仁美(AKB48)――ドラマ出演2回目にし『主役』のお話しをいただき大変恐縮しております。原案本を読み「好き」に対するまっすぐな想いと、右も左もわからないけれど「とりあえずやってみる」という思い切った行動で、新しいキャリアを切り開いた週末北欧部chikaさんに夢と希望を頂きました。

 また、海外での生活の中でいろいろなことに挑戦し、多くの学びを得た私にも共感する部分が沢山ありました。温かくて素敵で、芯の強いchikaさんを演じさせていただけるのがとても光栄です。今回初主演ということで緊張や不安もありますが、また新たな経験を積むことができるという楽しみな気持ちで、自分らしく演じられたらいいなと思います。
 なかなか海外に行くことが難しいご時世ではありますが、このドラマを見た方が北欧を身近に感じ、ほのぼのとした温かい気持ちになっていただけたら嬉しいです。そして北欧好きの方だけではなく、夢を追いかけている皆さんにも是非見ていただきたい作品です。約3年ぶりの黒髪姿の私にも是非注目してください(笑)。

原案『北欧こじらせ日記』著者:週末北欧部chika――この本を書き始めた時、私はまだ東京で会社員をしていました。念願かなってフィンランドで寿司職人になった今年は、まさに「人生の新しいチャプター」の始まりで…「いつかフィンランドに住みたい」そんな夢を見ながら、東京の小さなアパートでこじらせた北欧愛を綴った本が時を同じくして「ドラマ化」という新しいチャプターを自ら歩み始めたこと、なんだか頼もしく嬉しい気持ちでいっぱいです。

 また、主演が本田さんだと伺った瞬間は夢かと思いました。実は数年前、異国の地でキャリアをスタートさせた本田さんを拝見し、ひたむきな姿に大変励まされていました。そんな本田さんが演じる主人公、今から本当に楽しみです。「北欧こじらせ日記」の新しい冒険、ぜひ皆様と一緒に楽しめると嬉しいです。

プロデューサー:田中智子(テレビ東京)――いまの生活を変えたい、でもなかなか踏み出せない、という方に是非ともご覧いただきたいドラマです。 原案となる『北欧こじらせ日記』著者・週末北欧部chikaさんの熱く真剣なフィンランド愛、日本にいながら北欧生活を楽しむアイデア、そしてなんといっても移住の夢を実現させる並外れた行動力に大いに刺激され今回ドラマ化させていた だくことをお願いいたしました。

 夢は本気で願えば叶う、努力すれば実現する、生活はアイデア次第で変えられる、というchikaさんの生き方に勇気とパワーをいただいたからです。是非ともドラマにして皆さんと共有したいと思いました。主人公の縞子を演じるのは AKB48本田仁美さん。透明感があって可愛くて、好きな世界観を追い求める芯の強さを感じる本田さんのイメージはまさに縞子そのもの! 今回はトレードマークだった髪の色も変えて役作りに挑んでくださいました。どんな“こじらせ女子”を演じてくれるかご期待ください。フィンランドの美しい景色や生活を豊かにしてくれる小物、サウナ、癒しのコーヒータイム、そして北欧の味を楽しむ深夜の クッキングなど日本にいても楽しめる情報もご参考に! このドラマを観ながらご⼀緒にお好きな外国へ思いを馳せていただければ嬉しいです。どうぞお楽しみに!

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)