(C)2022 「ヘルドッグス」製作委員会

 主演・岡田准一、監督・脚本・原田眞人氏が『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続き3作品目のタッグを組んだ『ヘルドッグス』(9月16日公開)の特別映像が解禁となった。

 【動画】1分で分かる映画『ヘルドッグス』特別映像

 本作で岡田が演じるのは、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾(かねたか・しょうご)。兼高は警官時代に愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、正義も感情も捨て復讐することにのみに生きる“闇に墜ちた男”、その狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、関東最大のヤクザ組織「東鞘会(とうしょうかい)」への潜入という危険なミッションを強要される。

 そんな兼高とバディを組む室岡秀喜(むろおか・ひでき)を演じたのは坂口健太郎。室岡は死刑囚の息子という境遇ゆえに心の奥底に深い闇を抱え、組織内でも誰も手が付けられない制御不能な存在だ。

 今回解禁となった映像は、本作で闇落ちした元警官、主人公の兼高を演じた岡田が「この波に、この映画に乗れますか?」と口火を切る。続けて「なんか、すごいのが出来た。ぶっ飛んだ人達しか出てないです」と語る岡田に続き、兼高と相性98%の最狂の相棒・室岡を演じた坂口も「とにかく濃いと思います」と、本作で描かれる怒涛の展開とド肝を抜かれる世界観について明かす、1分で分かる映画『ヘルドッグス』の特別映像だ。

 名優・岡田准一×名匠・原田眞人監督の『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続く3度目のタッグで贈る、“岡田史上もっとも闇深い”ダークヒーローの壮絶な物語とアクション、さらに、これまでのイメージを覆す、イカれたサイコボーイとして誰も手がつけられない凶暴性と残虐性を持つ危ない男を怪演した坂口健太郎。

 映像では2人の言葉を皮切りに、次々に本作に登場する濃厚で強烈すぎるキャラクターたちの姿が映し出されていく。

 相性98%を誇る狂犬バディとして兼高と室岡は、関東最大のヤクザ組織「東鞘会(とうしょうかい)」をのし上がっていくが、兼高は警察組織から「東鞘会」への潜入ミッションを強要されており、MIYAVI演じる組織の若きトップ十朱(とあけ)が持つ“とある秘密ファイル”を盗むことが目的だった…。

 ヤクザ組織への潜入を強要された元警官とイカれた相棒、互いになくてはならない、心の隙間を埋める信頼関係を築いた2人が辿る運命とは?

 岡田自身も「荒波がきますんで。いきなり襲いかかってくるような映画」とその抗えない映画の勢いに圧倒された様子。少年のような無邪気な笑顔で自信を覗かせ、坂口も「すごい勢いと熱量。それに心地よく流されてほしい」と、日本映画界に風穴を空けるであろう本作の強烈な魅力を語っている。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)