岡田准一演じる兼高(右)とMIYAVI演じる十朱の視線の意味は。(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会

 岡田准一、坂口健太郎が最凶コンビを演じる映画『ヘルドッグス』が9月16日に公開。25日には、今作でインテリヤクザ組長を演じるMIYAVIの新場面写真が解禁された。

 【写真】新場面写真3枚

 主演・岡田准一、監督・脚本・原田眞人が『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続き3作品目のタッグを組み、監督と俳優という関係を超えた信頼感で作品に魂を注入し作り上げた、究極のノンストップ・クライム・エンターテイメント『ヘルドッグス』。

 本作で岡田が演じるのは、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾(かねたか・しょうご)。兼高は警官時代に愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、正義も感情も捨て復讐することにのみに生きる“闇に墜ちた男”、その狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、関東最大のヤクザ組織「東鞘会(とうしょうかい)」への潜入という危険なミッションを強要される。そんな兼高とバディを組む室岡秀喜(むろおか・ひでき)を演じたのは坂口健太郎。室岡は死刑囚の息子という境遇ゆえに心の奥底に深い闇を抱え、組織内でも誰も手が付けられない制御不能な存在だ。

 2人は警察のデータ分析によると、なんと相性<98%>。警察は兼高へ室岡に喧嘩を売り、それをきっかけに東鞘会・神津組(こうづぐみ)へ潜入するよう指示を出す。もちろん二人の相性は抜群で、二人はお互いの心の隙間を埋めるように、なくてはならない存在になり、最強の“狂犬コンビ”として猛スピードで組織を上り詰めていく。

 そんな彼らを取り巻くキャラクターも一筋縄ではいかない奴ら。松岡茉優が演じるのは、兼高と室岡が所属する東鞘会・神津組のボスの愛人でありながら兼高とも関係を持つ刺激大好きなグリーンヘアの美女・吉佐恵美裏(きさ・えみり) 、北村一輝は東鞘会最高幹部である「東鞘会三羽烏」の一人で、兼高&室岡のボスとなる漢気100%の人情組長の土岐勉(とき・つとむ)、大竹しのぶは、東鞘会へ恨みを抱えマッサージ師として組織内部にも入り込む、潜入捜査員の連絡係・衣笠典子(きぬがさ・のりこ)を熱演。

 そして、ヤクザ社会では異例の人事で東鞘会会長の座に就任したインテリヤクザで、最強の黒幕 “十朱義孝(とあけ・よしたか)”を、MIYAVIが演じている。

 今回解禁となったのは、岡田准一演じる兼高が潜入することになるヤクザ組織、東鞘会の七代目会長である十朱(とあけ)を演じたMIYAVIの新場面写真4点。本作でMIYAVI演じる十朱は、異例の人事で組長に就任した若きトップ。日本、アジアで勢力を伸ばすインテリヤクザであり、華奢に見えて高い戦闘力を持つ。美しく、知的でミステリアスな魅力を放つ十朱は、その見た目だけでなく生活スタイルも洗練されたもの。規則正しい毎日を過ごし、趣味は美術館めぐり。

 常にスタイリッシュなスーツを着こなし、指紋を残さないための手袋が欠かせない。まるで超一流のビジネスマンのような日々の中で、関東最大のヤクザ組織「東鞘会」に集う猛者どもを率いている。 兼高の潜入ミッションの目的は、十朱が持つ“ある秘密ファイル”を奪うこと。この超危険な任務を成功させるためには、どうしても避けて通れない最重要人物だ。

 そんな十朱の護衛に抜擢された兼高は十朱からも少しづつ信頼されるようになっていくが、2人の間には、常に信頼と疑惑が渦巻き、真実と過去を探り合う「愛」とも「憎しみ」とも呼べる複雑な心情が絡み合う。十朱役を演じたMIYAVIは本作の魅力を 「映画のストーリーの中で色んな形の愛の美しさが存在していて、そこに僕はすごく惹かれたし、魅力を感じましたね」と話し、また十朱役を演じる上で「実はずっとマニキュアしてます。(手袋で)見えないけど。首元にもワンポイントでタトゥーがあったり」と細かなこだわりが隠されていることを明かしている。さらに原作はかなり描写が激しいと語っているが、「そこに原田監督の独特なアート的な視点が加わっていて、絵の切り取り方、色んなものの引用の仕方が独特ですごい。一緒にやらせてもらって色々と勉強になりましたし、とても面白かったです」と原田監督の手腕と充実していた撮影を振り返っている。

 今回到着した場面写真でも、どこか決意を秘めた眼差しで兼高と向き合う意味深な場面写真や、赤い光に包まれた空間で祈りを捧げる怪しげな儀式を行う様子、趣味である美術館巡りに興じている姿など、一般的なヤクザのイメージからはかけ離れた、ミステリアスな魅力が満載の様子が切り取られている。美しいだけではない、闇に秘めた何かを隠し持つ十朱という男の謎は深まるばかりだ。

 兼高へ向ける視線の意味とは? 信頼と疑惑というアンビバレンスな感情、そしてそこから芽生える“ある種の愛”。カオスとも呼べる複雑な心情描写がストーリーをより一層引き立てている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)