広瀬すずと伊原六花

 広瀬すずと伊原六花が7日、都内で行われた『富士フイルムinstax“チェキ”』新製品発表会に出席した。涼やかな浴衣を着て登壇。広瀬は「何度着てもテンションが上がりますね」と笑顔。伊原も「ワクワクしています」

 【動画】浴衣姿で登壇した広瀬すずと伊原六花、広瀬すずは最近「青がお気に入り」

 “チェキ”の愛称で長く親しまれているインスタントカメラ。新機能「インスタックスエア」ではAR技術を使って様々なエフェクトが付けられる。本体を使ってアプリ内に絵を描くことも可能。画像のほかにも最大15秒の動画も撮影することができる。

 事務所の先輩後輩の間柄の2人はこの日、その新機能を試した。広瀬は、撮った人物の顔の周りにひまわりの絵をスプレーで描いた。一方、絵に定評がある伊原は「instax」と書いた。そのチェキを見て「私もなんかやればよかった…」と落ち込む広瀬だったが、伊原から「いや、完璧です!」と称えられ「優しいね」と笑顔で返した。

 そんな光景に、司会者から「先輩後輩のやりとりが…」。この言葉を受け広瀬は「気を使って…」と笑うと、伊原は手を激しく振り「気を使ってないです!心から、心からです!」と本心であることを強く強調した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)