広瀬すずの迫真演技に圧倒されたと明かす大西利空



 広瀬すず(24)、大西利空(17)、戸塚純貴(30)、當真あみ(16)、前田哲監督が10日、都内で行われた映画『水は海に向かって流れる』公開記念舞台挨拶に登壇した。

 【動画】広瀬すずの迫真演技に圧倒されたと明かす大西利空と前田監督。広瀬すずと當真あみのお気に入りシーンも

 田島列島氏による同名漫画が原作の本作。26歳のOL・榊さんと高校1年生の直達を中心に、曲者揃いのシェアハウスの賑やかな日常を描く。

 それぞれの印象的なシーンを語る中で、榊さんに淡い想いを寄せる直達役を演じた大西利空は、主人公・榊千紗を演じた広瀬すずの迫真の演技を挙げた。

 そのシーンは「榊さんがお母さんに対して自分の感情を吐き出すシーン」。実際に広瀬の隣にいて「良い圧と言うか、飲み込まれそうになった」と明かした。

 この舞台裏を広瀬は「怒った瞬間、自分が思っている以上の声が出て現場もシーンとなった。間違ったかな?と思ったけれど、何も気にせずにやってみようと思った」と打ち明けた。

 その迫真の演技を前田監督は「怖かったです」という表現で讃えた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)