橋本環奈、杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、太田夢莉、城田優、高橋克典

 橋本環奈、杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、太田夢莉、城田優、高橋克典が6日、都内で行われた橋本主演の映画『バイオレンスアクション』(8月19日全国公開)完成披露試写会に出席した。試写会前には、橋本演じるケイの髪色にちなみ、ピンク色のカーペットを歩いた。時折吹く強い風になびく髪を抑え笑顔で挨拶した。

 累計発行部数50万部超え、オンラインアクセス数1000万PV超え、小学館「やわらかスピリッツ」で連載中の浅井蓮次氏と沢田新氏による人気コミックの映画化。

 日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通う菊野ケイ。ピンクのショートボブでゆるふわな雰囲気の女の子だが、実は指名制の殺し屋というアルバイトをしている顔が。どんな相手にも臆せずバイトとしてターゲット撃破を完遂する彼女に史上最悪の依頼が舞い込んでくる。

 ケイを演じるのは橋本。

 橋本「ビジュアルから戦うことなんて想像できないようなゆるフワな女の子。どこにでもいるような学生にもかかわらず殺し屋。撮影中も毎日毎日、大勢の人を殺していました。きょうは30人って最初に言われるんですけど、毎日毎日体が痛くて大変な思いで臨んでいたのを思い出します」

 ヤクザの組の天才会計士でケイと急接近するテラノを演じる杉野遥亮。

 杉野「やくざの世界から抜けたいと思っている人。ケイと出会って一緒に逃げたり、その中で生まれる感情もあり、揺れ動くキャラクター」

 ケイが通う専門学校の同級生でケイに想いを寄せる渡辺を鈴鹿央士。

 鈴鹿「ケイさんが好きすぎて殺し屋のアルバイトをすることになって巻き込まれながらも学んだり、好きの想いが強くなる可愛い男の子」

 ケイがアルバイト先として通う表向きはラーメン屋の店長を馬場ふみか。

 馬場「お客様には神対応ですが、従業員にはかなり塩対応」

 ケイと同じバイト仲間で凄腕スナイパーの殺し屋・だりあを太田夢莉。

 太田「初めてアクションシーンにも挑戦しました。だりあは強さのなかに弱さがあって真っすぐなケイちゃんに憧れて、実際に環奈ちゃんにぴったり。役としても環奈ちゃんの人間性に惹かれていました」

 更に、最強の殺し屋・みちたかくんを城田優。

 城田「歌を必ず歌って登場するという。いろんな歌をやりましたがどれが使われているかは劇場で」

 野心家のヤクザ・木下を高橋克典が演じる。

 高橋「跡目争いを狙っているやくざです。ふざけた組長がいまして、きょう欠席している佐藤二朗がやっておりまして、すごく楽しい撮影でした」

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)