中村獅童と長男・小川陽喜君

 中村獅童と、獅童の長男・小川陽喜君、澤村國矢が6日、都内で行われた『超歌舞伎 2022 Powered by NTT』取材会に臨んだ。

 中村獅童と初音ミク――。古典歌舞伎と最先端技術が融合した、古代王朝スペクタクルを題材にした新たな歌舞伎が、東京・新橋演舞場、そして京都・南座ほか全国4都市で上演されることが決まった。

 中村獅童の長男、4歳の陽喜君も特別出演する。獅童は「舞台上ではライバル」としながらも会見の合間には父親の顔ものぞかせた。父親として「強いものが勝つ」という教えを貫くあまり、指相撲では手加減せず、おもちゃの取り合いで本気で挑む。

 そんな父に陽喜君は「ライバルじゃない」とし、舞台は「たのしい(たのしみ)と立派に応えて見せた。獅童は「ほのぼのした家族で気持ちは燃えているので、舞台の上では絶対に陽喜に負けたくないので本気に行きますから」

 一方、澤村國矢は陽喜君の成長を実感し「見得もうまくなって、将来、末恐ろしくなる」と期待を膨らませた。

日程

2022年8月4日(木)~7日(日)福岡・博多座
8月13日(土)~16日(火)名古屋・御園座
8月21日(日)~9月3日(土)東京・新橋演舞場
9月8日(木)~ 25日(日)京都・南座

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)